レミケード43回目、倍量投与24回目-インフュージョンクリニック150428

グランフロント大阪
04月28日はお昼から診察とレミケードでグランフロント大阪のインフュージョンクリニックへ行って来ました。ベトナムや食事会や色々とありましたのでCRPとかの血液検査の数値はよろしくないだろうなぁと予測をしていましたが、なんと奇跡的のCRP0.0!一体、私のクローン病はどうなっていのでしょうか?


大人しく節制をして過ごしていてもレミケードが8週間持たずに苦しむ時もあれば、少々無茶をしてもこのようになんとか乗り切れることもあります。本当にクローン病って良くわかりませんね。


“レミケード43回目、倍量投与24回目-インフュージョンクリニック150428″の続きを読む

レミケード42回目、倍量投与23回目-インフュージョンクリニック150303

大阪駅03月03日は診察とレミケードへ行って来ました。そこそこ調子はイマイチな感じでしたがCRPは0.2と炎症所見はありませんでした。この2ヶ月間は調子を崩した期間はありましたが詰まった!痛い!で寝こむことはありませんでした。
ただ前回の数値を見てみるとまたもや肝臓系の数値が少し高かった。一体なんだろうね?
また新たな課題ですね。肝臓。。困った。

心理カウンセリング

オーラソーマインフュージョンクリニックではオプショナルケアとして心理カウンセリングもあります。もちろんこれは自費なので健康保険等は効きません。自律神経失調症の件とはあまり関係はありませんが、ふと自分の深層心理を知りたくて受けてみました。姿や顔は鏡を見れば解りますが、心は人に映さない限り知ることが出来ません。今回は心理カウンセラー(日本心理学会会員)・カラーセラピスト  森本 愛先生に私の心の鏡になって頂きました。約60分の会話でしたが色々と解りました。日常生活で自分が演じている姿と本来はこうありたい自分の乖離もよく見えました。なかなかおもしろい試みでした。今から半年くらい自分の行動指針を見つめなおし再度、カウンセリングを受けて見たいと思います。


“レミケード42回目、倍量投与23回目-インフュージョンクリニック150303″の続きを読む

レミケード41回目、倍量投与22回目-インフュージョンクリニック150111

菅原神社新年は会社の氏神さんへご挨拶。そして01月07日に診察とレミケードのためにインフュージョンクリニックへ通院です。でも今回はなんだか調子がイマイチ。01月07日の午前01時頃から下痢と少しの寒気。風邪?それともクローン病の再燃?ちょっとわからない。クリニックでの血液検査ではCRP0.8と言うことで基準よりオーバーです。どこかに炎症が起きています。レミケード倍量投与を持ってしても少し効きが悪くなって来たのかな?クリニックにたどり着くまでに何度もトイレへ駆け込んだ。

七草粥

七草粥やはりクローン病のお腹にやさしい七草粥ですね。調子がイマイチのお腹には有難い食事ですね。レミケードの前処理のハイドロコートン(ステロイド)を点滴したら下痢がとまった。おい!ステロイドで下痢が止まったということはやはり風邪じゃなく炎症じゃないのか?。

01月08日からは泊まりがけで出張なので、七草粥で出張に備える。長野県か!寒いだろうね。



“レミケード41回目、倍量投与22回目-インフュージョンクリニック150111″の続きを読む

大阪堂島に新しいIBDクリニックが出来る。リニューアルかな?

2009年から大阪は堂島に生駒内科・消化器内科クリニックということで潰瘍性大腸炎やクローン病を診察するクリニックはありました。
今年の10月から医療法人 知音会が引き継ぎ医療法人 知音会 堂島内科・消化器内科クリニックとなっております。

私は医療法人 錦秀会 インフュージョンクリニックに通っておりますが、地図上で言えばほんの目と鼻の先です。
インフュージョンクリニックと違うのは検査設備が整っていることでしょうね。胃カメラ、大腸カメラ、胃透視があるようです。もちろんレミケード治療の設備も整っております。
私は伊藤先生や有光先生を信頼していますし、看護師さんや事務員さんの対応にもかなり満足しておりますのでクリニックを変わることはあり得ませんが。選択肢の一つとして投稿しております。


“大阪堂島に新しいIBDクリニックが出来る。リニューアルかな?”の続きを読む

レミケード40回目、倍量投与21回目-インフュージョンクリニック141112

玄品ふぐ11月11日の診察とレミケードの前日です。大手重工会社の商社の支店長さんが大阪に来ることになって「ajariさん大阪で一献」となりました。翌日は診察なのになぁ〜と思いながらも今年初のふぐ料理を玄品ふぐで食べました。しっかりひれ酒も飲んでいい気分。前回に肝臓の数値とかで引っかかっているのに前日に酒飲んで大丈夫か?。「へぇ〜今こんな国家のプロジェクトがあるんですか〜」とか色々と話しているうちに夜も更けていきました。ふぐはいいですね。白身でお腹にも優しい。

帰れない

ネットカフェ機嫌よく飲み歩いていたら、夜も更けてしまって帰れなくなった。今更、ビジネスホテルもアレなのでネットカフェで朝を待つことにする。この時点で全然、クローン病患者の日常生活でない気がする。。シャワーも完備なのでとりあえずシャワーを浴びてすっきりとする。ベッドようなソファーのようなところでいつの間にか眠ってしまう。


“レミケード40回目、倍量投与21回目-インフュージョンクリニック141112″の続きを読む

肝臓の数値が少し悪くて再診察へ行った-クローン病 再診察140922

大阪駅前09月18日に診察とレミケード投与へ行ったわけですが、その時の血液検査の結果がよろしくなかった。何がよろしくなかったというと肝臓系の数値でした。GOT(AST)アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼGPT(ALT)アラニンアミノトランスフェラーゼとALPアルカリホスファターゼの数値が基準より若干高めだった。念のためクリニックから電話がかかって来たので、放置するのも嫌なので早速、本日クリニックへ行きました。


大阪駅前それにしても見事な秋晴れ?ですね。でも体感的には夏ですね。歩いていると暑かった。でも空のさわやかさはもう秋ですね。こんなに気持ちの良い秋なのに私の肝臓は少し気持ちの悪いことになっています。


“肝臓の数値が少し悪くて再診察へ行った-クローン病 再診察140922″の続きを読む

レミケード39回目、倍量投与20回目-インフュージョンクリニック140919

韓国冷麺レミケード前日です。本当は09月18日がレミケードだったのに仕事の都合でいけず仕舞です。クリニックへ翌日に振り替えてもらって、散々調子が悪い!と言っていたのですが、食事会があって韓国風冷麺。韓国風冷麺と言ってもキムチが入っているわけでもなく、香辛料で味付けをされているわけでもなく中華の冷麺より遥かにお腹にはマシそう。(麺は堅いけど)

レミケードへ

翌日の09月19日のお昼からクリニックへ行きました。
07月29日に受けた大腸内視鏡の検査結果を改めて聞きました。大腸の状況は悪くないらしい。S状結腸の部分にうっすらと縦走潰瘍のようなものがあるが心配するほどのものでもないようです。ただこれを何回も繰り返すと線維性の狭窄になるわけですね。血液検査ですが調子が悪いわりにはCRPは基準内。ほんとクローン病ってよくわかりませんね。


“レミケード39回目、倍量投与20回目-インフュージョンクリニック140919″の続きを読む

大腸内視鏡検査しました。ポリープ発見!検査結果編-クローン病 検査140801



大腸内視鏡検査しました。検査プロセス編-クローン病 検査140731の続き


丸岡正典消化器内科検査も無事に終わるとリカバリの意味もあり、コーヒーやコーンスープが出て来ます。なんだかんだ言って丸二日間、絶食していたわけですからコーンスープがやたら美味しい。スープでも飲みながらゆっくりと検査結果の説明の順番を待ちます。大腸内視鏡検査が終わってホッと安堵していると同時に自分の腸内が一体どのようになっているんだ?と言う不安を持ちながら呼ばれるのを待つ。

検査結果です。

さて検査結果です。上行結腸から直腸まで順番に写真付きでお届けします。クローン病患者の大腸内の様子に興味がある方はどうぞ。

上行結腸

大腸内視鏡 上行結腸回盲弁(バウヒン弁)を超えて回腸には進入できなかったものの、回盲弁は異常所見なし。上行結腸も至って正常で異常所見を認めず。


“大腸内視鏡検査しました。ポリープ発見!検査結果編-クローン病 検査140801″の続きを読む

大腸内視鏡検査しました。検査プロセス編-クローン病 検査140731



大腸内視鏡検査しました。前処理編-クローン病 検査140730の続き。


丸岡正典消化器内科前処理も無事に終わり、検査着に着替えて呼ばれるの待つ。ちゃんと内視鏡入るかな?あり得なく苦痛じゃないのかな?と色々と不安を持ちながら待つ。しばらくして呼ばれて内視鏡室へ。

さぁ!検査開始!

まず横になり、看護師さんが薬のアレルギーや既往歴を聞きながら血圧や酸素濃度を計る機器をつけていく。
そして点滴を刺した頃に丸岡先生が内視鏡室に入ってきた。
先生が「じゃぁ始めましょうか」と言ったら看護師さんが点滴の横から黄色い注射を入れる。
何か暖かいものを顔や頭に感じる。
「すごくビタミンの匂いがするなぁ〜」とか思っていたら。ajariさんと看護師さんに呼ばれた、「さぁ今からスコープ入るんだ!」と覚悟を決める。
すると看護師さんが「はい、終わりましたよゆっくりと立ってくださいね」と言う。頭も薬でボーッとしているし一体何の事かがすぐに理解出来なかった。痛いとか苦痛とか言う以前に検査したこと事体がわからない。
今まではこのような鎮静剤等を使わずにガチで大腸内視鏡検査を受けていました。そりゃ壮絶悶絶ですよ。下剤飲んで全部出して、痛さに耐えてそしておまけにS状結腸以降入らない。今日はガスで検査できないので日を改めて注腸大腸透視をしましょう!って「一体、どんなお仕置きなんだ!」と思っていました。
もちろん鎮静剤で大腸内視鏡することは知っていましたが、「精神を落ち着けるだけでそんなに変わらないだろう?」と思っていましたので鎮静剤を使う検査は本当に楽なんだと身をもって感じました。


“大腸内視鏡検査しました。検査プロセス編-クローン病 検査140731″の続きを読む

大腸内視鏡検査しました。前処理編-クローン病 検査140730

京阪香里園駅大腸内視鏡検査をするために丸岡正典消化器内科へ行きます。自宅からはそこそこ遠い京阪電車香里園駅へ行きました。和歌山県に近い南大阪は堺市から京都府に近い寝屋川市に行く訳ですからそりゃ遠い。検査当日は車で来ちゃだめ!と言うお達しなので電車を乗り継いではるばる香里園駅へ。


丸岡正典消化器内科今回、丸岡正典消化器内科を選んだのは腕が良さそうだったから。大腸内視鏡検査が痛くて苦痛とかの以前の問題でスコープが入らないのです。前回もその前も別の病院で大腸内視鏡を受けましたがS状結腸を超える事が出来ずに断念。とりあえずS状結腸と直腸だけを診て、後日に大腸注腸検査と言って肛門からバリウムを入れて透視する検査の二本立てでした。さらに2007年の手術で癒着もして入りにくい悪条件です。丸岡先生は無事に検査が出来るか!?


“大腸内視鏡検査しました。前処理編-クローン病 検査140730″の続きを読む

レミケード38回目、倍量投与19回目-インフュージョンクリニック140723

07月23日はレミケード38回目と言うことで、診察とレミケード投与のためにインフュージョンクリニックへ行きました。前日から東京方面へ出張だったので23日の始発に近い「のぞみ」で大阪へ帰って来てそのままクリニックへ入りました。

新幹線で2時間30分ほど座って、またクリニックでレミケード投与で2時間近く座ってとスケジュールは過密でしたが身体は楽でした。

午前09時30分頃に入るグランフロント大阪って結構不便であちこちのエスカレーターが停まっていたりとか。いつも昼過ぎに行くのでかなり勝手が違いました。



“レミケード38回目、倍量投与19回目-インフュージョンクリニック140723″の続きを読む

レミケード37回目、倍量投与18回目-インフュージョンクリニック1404006

グランフロント大阪-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)04月03日は診察とレミケード37回目倍量投与18回目でした。お蔭様でCRP0.1と炎症の所見はありませんでした。白血球は9,900と相変わらず高いですが。あまり心配する程でもないのでしばらくは様子見です(心配したところで何が出来るということはない)。ということでクローン病の状況は安定しているようです。心因性で動悸や不快感があってデパスを3錠/日だったのですが、2錠/日に減りました。


“レミケード37回目、倍量投与18回目-インフュージョンクリニック1404006″の続きを読む