レミケード85回目、短縮投与1回目-インフュージョンクリニック通院


レミケード85回目と言うことでクリニックへ行ったわけですが、CRP0.29とギリギリ。おまけにお腹の調子もイマイチなんです。なんとなく腸管が腫れていると言うか、微妙に痛いというか。それが思いのほか深刻で、要所要所で痛くなるのが辛いところ。午前中は普通でも夕方から急にお腹が痛くなって来たりするのも多くなって来ました。今までレミケード倍量投与で乗り切って来ましたが、短縮投与にチェンジです。

短縮投与へチェンジ

今までレミケード倍量投与8週間隔から通常量の4週間隔に変わりました。8週で投与する量は同じですが投与間隔が変わります。データ的には倍量投与8週間隔より通常量4週間隔の方がレミケードの効果の持ちは良いようです。ただ4週毎に通院するので患者の支払い金額は年6回から年12回となるので確実に負担が増えます。私であれば年間12万円増える計算です。でもそんなこと言ってられない。

ヒュミラへチェンジも視野

レミケード短縮投与作戦がイマイチ効果が出ないのであれば、ヒュミラへにチェンジも医師から提案されています。もしかして狭窄が邪魔をしている可能性もあるので、その狭窄を手術で対処してからヒュミラへチェンジかも知れません。狭窄を解除したらまたまたレミケードがしっかりと効き出す可能性もあります。

レミケードも12年

レミケードは2009年から始めたので、もう12年かぁ。そろそろレミケードの抗体も出来てしまっても仕方がないな。それにしてもレミケードよく持ってくれたものだ。レミケードのおかげでこの12年間はクローン病患者にしてはそこそこ良い生活をさせてくれた。肉も食べれるようになったし、お酒も飲めるようになった。ラーメンを食べる時も悩まない。本当に奇跡的な薬をありがとう。

確かに調子が悪い

確かにクローン病の調子は悪いです。再狭窄の部分を切除したらかなり快適になるような気がします。手術への覚悟はあるのですが、なかなか踏み切るきっかけが来ません。月に2回以上イレウス起こして寝込んだら医師に相談しよう!と思っているですがそこまでは追い込まれていません。でもそこそこ痛い感じが何度も出て来たのでそろそろかな。

ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります!。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。