胃の内視鏡検査に行く2021


07月の初旬に胃の内視鏡検査に行ってきました。2020年は新型コロナウィルスがあーだーこーだで結局行きませんでした。今年の2021年も結局は新型コロナウィルスであーだこーだになっています。流石に今年を外したら心配なので行きました。検査当日は朝から大雨でした。地下鉄の駅を降りると一瞬だけ雨がやんでラッキー。

紫陽花を撮りに行く。-SEL2470G-


先日、Sony SEL2470GM(FE 24-70mm F2.8 GM)を買ったと騒いでいたのですが、買ったものの買って満足して危うく防湿庫の肥やしになるところでした。06月は紫陽花の季節ってことで、自転車に乗って近所の紫陽花を探しに行きました。

大腸内視鏡生検結果2021


06月10日に大腸内視鏡検査を受けて、5mmのポリープと10mmの隆起が見つかったわけですが。その生検の結果を聞きに行きました。クローン病も30年近くやっているとがん化が怖いわけですよ。おまけに54歳と言う微妙な年頃です。クローン病でなくても大腸がんになる可能性が高くなってくるわけです。

とりあえず、検査の結果を聞きにグランフロント大阪にあるクリニックへGo!。

クローン病は辛いよね。


クローン病ブログを長く続けていると、お問い合わせ経由で色々とご意見等を頂きます。多いのは息子さんが娘さんがクローン病になりました!どう接すれば良いのでしょうか?次にクローン病を宣告されたご本人様から。先日の診断でクローン病と確定されました。今後、どのように生きて生きていけば良いのでしょうか?等々。過去は非常に多かったのですが。今は頻繁には来ませんが数ヶ月に一度くらい来ます。

大腸内視鏡検査2021


06月10日は大腸内視鏡検査の日です。梅雨と言うのに雲一つない晴天です。絶好の検査日和ですね。下剤モビプレップとの闘いを効率的にするために、3日前から酸化マグネシウムを1日の最大限まで飲んで下痢状態です。

レミケード82回目、倍量投与再開17回目-インフュージョンクリニック通院


06月03日はレミケード82回目、倍量投与再開17回目と言うことでクリニックへ行きました。だんだんレミケードの効き目が続かなくなって来たかな?レミケード投与から6週くらい経ってくると調子が悪くなって来ます。今回もCRPは1.03と高い。前回の04月08日が0.85、その前の02月10日は0.30なので確実に悪化していますね。そろそろレミケード倍量投与をもってしてもコントロールが出来なくなって来たのでしょう。さすがにレミケード倍量投与で効果が弱まって来たことに関しては少々焦りがあります。

レミケード81回目、倍量投与再開16回目-インフュージョンクリニック通院


04月08日はレミケード81回目、倍量投与再開16回目ということで大阪は梅田にあるクリニックへ向かいました。大阪もまん延防止と言うことで人も少ないかな?と思いましたがあまり減っていない感じでした。新型コロナウィルス!緊急事態宣言とか言い出して1年くらい経ちます。生活様式や環境が大きく変わった人も居れば、あまり変わらない人も居ます。私は殺人的な大阪と東京の往復が激減しました。もちろんプロジェクトには相応の遅れが発生しましたが、全部、新型コロナウィルスのせいにしてしまえ!たとえ新型コロナウィルスが終息してもオンラインでなんとかなる術を手に入れたのでこれから先はクローン病にも優しい生活を送れるのではないかと希望を持っております。ほんと今日を生き抜くのはそんなに簡単じゃないよ。

桜の撮影に行って来た。


温かくなってきてところどころに桜が咲いて来ました。お天気も良いので電動アシスト自転車にでも乗って町内の桜でも撮りに行くか!って言うことで出かけます。

Sonyの高画素変態コンデジのRX1-RM2(これはフルサイズのコンデジです。)2015年当時コンデジのくせに40万円を超える価格でした。発売から5年以上経っていますが、まだまだ現役です。たぶんRX1-RM3とか出たらお調子に乗って買うと思います。

RX1-RM2から吐き出される絵を見て衝撃を受けて家にあるAPS-C機とレンズはすべて処分して本格的にフルフレームへ移行しました。
キヤノンユーザーからSonyユーザーに変わった瞬間です。


あとボディーはα7S3 (R4を持っていくつもりが間違えた。)とα7R3です。

レンズはFE 12-24mm F2.8 GMとFE 85mm F1.4 GMです。
春の日差しで明るいので高画素機中心の機材のつもりでしたが、間違えて高感度機のα7S3がカメラバッグに入っていました。。

新型コロナウイルスワクチンでクローン病発症?


新型コロナウィルスワクチンのお話が日々具体化していますね。レミケードやヒュミラ、プレドニンでの治療とかで免疫力を下げているクローン病患者にとっては新型コロナウィルスワクチンは待ち遠しいでしょう。反面やはり新型コロナウィルスワクチンがクローン病へどんな悪影響を与えるか?は非常に気になるところです。色々と調べているうちに気になる投稿を見つけました。

Sony-α7S III(ILCE-7SM3)を買ってしまう


2020年10月のα7S IIIが出ました。αシリーズにはハイスピード重視の9系、高解像度の7R系、スタンダードの7系があります。最近は7C系も出ました。今回は高感度の7S系です。実に5年ぶりの発売です。思いのほか人気で納期が二ヶ月近くかかりました。これでα7R3 α7R4 α9 そしてα7S3と4台の運用になりました。完全な機材オタクですね。はい!税込み450,000円です。またもや散財。。

淡路島の民宿はぎわらで鱧料理を食べる。


08月05日にレミケードの投与を控え、無謀にも泊まりがげで淡路島は洲本の民宿「はぎわら」へ鱧料理を食べに行きました。もちろんレミケード前です。調子も良いハズはありません。ゼンタコートでなんとかごまかして鱧料理一泊旅行へ行きました。大阪市内から車で約2時間弱です。前日からなんとなく下痢っぽいのが心配でしたが、なんとか持ちこたえました。もう旅館に着けばこっちのものです。腹痛さえ起こらなければ下痢なんて少々は上等!。お!トイレも洋式でウォシュレットもあります。よし!後先考えずに飲むぞ!喰うぞ!

阪大病院へ定期診察へ行く


気がついたら07月も中旬なんだ。いまだに週の前半が大阪、後半が関東と言う生活を続けています。ずっと東横インホテルに泊まっているのでポイントがアホほど貯まります。1泊に1Pで10泊すれば1泊無料!年間80泊近くする私にはこのポイントはバカになりません。でもクローン病が騒いでいる時の出張生活は本当に辛いものです。

と言うことで06月の後半に阪大病院へ定期診察へ行って来ました。阪大病院には4ヶ月に一回あたり診察に行っています。きっかけは2017年の小腸ダブルバルーン内視鏡検査をして「狭窄も微妙なんで外科的処置(手術)も考慮した方が良い」と言うことで、その時になればいつでも阪大病院に入院出来る様にの配慮なんですが、なかなかその時が来ません。私の狭窄もなかなかしぶといですね。