のんきにカツ丼定食を食べる-クローン病 体調記録140720


稲田屋のカツ丼定食


先週は週明けから東京方面を徘徊していました。23日はインフュージョンクリニックで診察とレミケードの点滴です。前回のレミケード投与から7週間経とう言うのにのんきに稲田屋のカツ丼定食とか食べています。今のところレミケード切れだぁ〜というような症状は出ていませんが、少し食べ過ぎるとお腹がかなり重苦しくなります。カツ丼はさすがにクローン病患者には如何でしょう?ですが、食べれる時もあるのですね。カツ丼とそばを食べました。


そういえば07月の最終週は大腸ファイバーの検査なんだ。今回はちゃんとスコープ入るかな?また入らなくて悶絶なのかな?う〜ん憂鬱だ。下剤ラリーも憂鬱だ。もっと楽に検査できないものかね。


普段はうどんとか

うどん


ブログの写真だけを見ていると「クローン病らしからぬ食生活じゃないか!けしからん!」と見えてしまうのですが、実はブログに投稿してるのが派手に食べたものの全てに近くて、それ以外は外食でもうどんとかです。特に夏に入ると朝におにぎりを1個、お昼は食べなくて、夜にそうめんのパターンが一番多くて、先週も水、木、金の夜は三日連続そうめんでした。
やはりそうめん系やうどん系は安定していますね。これらで調子を崩したことはあまりありません。

やはりクローン病は食べないのが調子いい

やはりクローン病は食べないのが調子いいですね。もちろん食べるものの質もありますが回数もありますね。例えば月曜日の夜に派手に焼肉パーティーをした、そこそこ食べてしまった。でも火曜日、水曜日は殆ど食べずに過ごせばあまりクローン病は悪化しないことが多かったです。

ただし一撃必殺もある

ただしそのようなお腹を休める方法も通用しない、一撃必殺もあります。私はスナック菓子やカレーやピザ系は食べて3時間後あたりから不調になります。また食材の内容を問わず食べ過ぎもだめです。少し消化が悪いもの系(大きめの幕の内弁当とか)たくさん食べると狭窄部分の処理能力をオーバーしてかなり痛いめに遭います。でもスナック菓子は過去に何度も酷い目にあっているので最近はほとんど口にしません。ポテトチップスとビールって美味しそうですよね。でもそんなことをしたらポテトチップスで腸管が腫れてビールの炭酸で悶絶ですよね。


最終更新日: 2017年7月2日 all567hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。