武漢市帰元寺へ行く-クローン病 中国出張140501


武漢市帰元寺全国制药机械暨中国国际制药机械博览会の会場で日本大手ゼネコンのプロジェクト部長さんにあった。15時過ぎ頃、もうそろそろ見飽きたなって話になって観光でもしようか?って話になりました。ということで会場からほど近い帰元寺へ向かいました

帰元寺は湖北省の省指定重要文化財で、漢陽城の翠微路に位置する。帰元寺は宝通禅寺、渓蓮寺、正覚寺と一緒に、武漢仏教の四大寺院と言われている。清朝(1658年)に建てられ、面積は4.67ヘクタールで、200あまりの社殿がある。帰元寺は北院、中院、南院三つの部分に構成される。主要な建物は蔵経閣、大雄宝殿、羅漢堂である。翠微泉、翠微古池、翠微亭なども有名な景観である。



帰元寺

帰元寺おお!なんとも中国チックですね。それにしてもデカい!でも何がなんだかイマイチよくわからない。

南無阿弥陀仏

帰元寺壁一面に南無阿弥陀仏。どうか私の腸がお陀仏になりませんように。。。

念仏でもとなえるか?

帰元寺南無阿弥陀仏なお寺なので念仏でもとなえるか?「クローン病が治ってしまいますように」がいいかな?いや「クローン病が治ってそれから無病息災をお願いします!」にしておこう。中国まで来て念仏をとなえたわけでだから念ずれば通ずかな?

帰元寺前

帰元寺前帰元寺のお寺付近の街並みです。なんとも中国らしい町並みです。


で、とりあえず、プロジェクト部長さんと夕食でも!ということになり、昨日に鳩の雑炊を食べた解放大道218号付近へ戻ることになった。なんか今夜もローカルで食べるぞ!とか言う話になっています。

※なんかすごく観光チックになっておりますがビジネスのお付き合いが含まれておりますのでこれもお仕事の一環です。


最終更新日: 2014年5月1日 all407hits.weekly0hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。