エレンタールを抱えて中国へ飛べ!-クローン病,海外出張20140426


嘘みたいな話ですが今、中国は武漢にいます。昨日に上海から移動して来ました。

エレンタールパウチ

実は日曜日のお昼にお腹を壊してしまいまして(クローン病からのイレウスによる腸炎だと思う。)流石にそこそこアグレッシブな私でも月曜日、火曜日の横浜は見送って大阪でお腹は痛いけど平和な日々を過ごしていました。なのに突然に中国行が決まりました。とるもとりあえずエレンタールのパウチをトランクに詰めてGO!。やはり出張が多い私にはエレンタールのパウチタイプは強い味方です。エレンタールボトルタイプを1本あとはパウチにすればあまりかさばりません。クローン病で出張が多い人は是非ともお勧めです。


関空バス行先案内

歩くと少し響くお腹を押さえながら空港バスに乗り込みます。おまけに下痢気味なので10時25分フライト便ですが、突然に便意が襲ってきて要所要所でトイレへ駈け込んでも大丈夫なように思い切り朝早く出ました。


海外にはエレンタール

ラウンジ


とりあえずラウンジに潜伏。ここならトイレの心配もないしゆっくりとくつろげます。出国前に済ませておきたい仕事も一気に片づけてしまいましょう。国内出張エレンタールは持って行きません。(長期間だと考えますが)通常の2泊3日程度であれば、クローン病の調子が悪く慣ればコンビニでウィダーゼリーを買うか、最悪は病院に行けばいいのですよ。日本国内はなんとでもなる。しかし海外はそうは行きません。下手すりゃ何を食べていいかもわからずに水だけで過ごす事態になります。でもトランクにパウチタイプのエレンタールを入れておく安心感ですね。もちろん滞在期間の必要栄養を全量カバー出来るだけのエレンタールを持ち運ぶのは辛いので、1日600kcalで2袋!。6日間で12袋です。1日600kcal取れたら死にませんよ。


掲示板


出国手続きも無事に済ませ搭乗口へ、ここで便意が!ダッシュでトイレへ向かう。離陸中と着陸態勢から着陸まではトイレ禁止なんだぞ!もちろん15分のトイレ禁止タイムが大きく態勢に影響するほどの下痢ではありませんが、トイレが出来ない!と言う緊張感から下痢が騒ぎ出すのですよ。

もう一度空へ!

関西国際空港


トランク一つだけで浪漫飛行へin the skyということで一路上海へ。米米Clubの浪漫飛行では「もう一度空へ!」ですが、もう空へはいいです。家で寝込ませて下さい。さぁ上海が始まる。


最終更新日: 2017年5月28日 all593hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*