夜中の下痢で肛門に激烈ダメージ-クローン病 肛門事情101213


午前中は熱は出ない。でも夕方頃から少しおかしくなって、夜はそこそこしんどい。
37.4度Cあたりの熱が出ています。
今日もラコールとエレンタールと水分だ。
だから倦怠感と発熱と下痢はあるけれどお腹は痛くならない。右下腹部は平和なものです。

とりあえず今は右下腹部の炎症や狭窄は沈黙しとけよ!

今のところ右下腹部は違和感すら感じません。
食べたら詰まるのかも知れないので食べない。
とりあえず。起きていてもしんどいだけなので眠って現実逃避します。



下痢の夕べ

なんか微妙なタイトルだな。昨夜の下痢は2時頃と4時頃でした。2回で軽傷?いやいや。実は夜中の下痢は良くないのですよ。明らかに炎症の勢力が強いと言うことです。お昼は腸もある程度活動するので下痢は増えますが、夜は腸も本来は眠るのです。それが眠れないってことは尋常じゃないってことですね。眠れない腸はかなり疲れているでしょう。だから食べない方が理にかなっている。

肛門が痛く

下痢と渋り腹が連続すると肛門にダメージが。うーん。少し痛いかも。何もしなくてもジーンと痛い感じです。痔ろうとか膿瘍のデキモノはありません。肛門粘膜が炎症を起こしているのでしょう。今までの状況から察するに今週末あたりから痛さのピークに入るのかな。。ロキソニンの出番になるか!?


最終更新日: 2013年2月1日 all496hits.weekly2hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。