今日は七草粥の日-クローン病 お粥160107

七草粥
今日は七草粥の日です。

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って食べられる。祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。この行事は、平安時代には行われていたが、室町時代の汁物が原型ともされている。
wikipediaより

セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロです。クローン病患者にはありがたい行事ですね。

無病息災になるかな?。どうか今年は痛い日が極力少なくよろしくお願いします。ですね。

とか言っていきなり七草粥の七草の何かが詰まったらこの一年は幸先が悪すぎですよね。



今日は冬らしく

今年の冬は暖冬であまり冬らしい日がありませんが、本日の夕方から冷えてきました!七草粥には良い寒さですね。あまりの暖冬でマスクやカイロが売れずに汗拭きシートがドラッグストアでは売れているようです。また冬の定番のお鍋も商売上がったりでカニすきやふぐちり屋さんが困っているそうです。やはり連日、5度C以下になってくるとお鍋が恋しくなってくるそうです。

鍋が流行らなくちゃ困る!

新年が明けると新年会が続いたりとクローン病患者にとってはなかなかとハードルが高い日々なのですが。
まぁこの季節の食事会と言うとアホの一つ覚えみたいな感じで「お鍋で日本酒でも!」なのですが、暖かい冬なので焼肉にビールになることが多くて迷惑です。クローン病患者にとって鍋が有利なのは「あまり食べていなくてもわかりにくい」「自分が食べれるものだけを水揚げ出来る」と言うところでしょうか。
もう、うどんすきなら最高ですね。

最終更新日: 2016年1月8日 all356hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください
日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*