狭窄クローン病患者のレミケード1回目


麻痺性イレウスの後遺症で痛い中、レミケード1回目投与。
生理食塩水の点滴開始、ほどなくすると医師が現れて、今からレミケードを注入しますと言って、生理食塩水の中にレミケードを注入。

約2時間と少しの点滴でした。その間、30分に一回程度に血圧や体温を計測し少しずつ点滴速度を速めていきました。

途中何事もなく無事終了。
もちろん変化なし麻痺性イレウスの後でお腹が痛い。

アレルギー等の異常はなし?

レミケード投与時反応、投与後反応も起きず無事に初のレミケード投与は終わりました。効いてくれるかな?ただ遅れてアレルギー反応等の副作用が出ることもあるらしいです。ただ麻痺性イレウス(腸閉塞)の傷がまだ癒えていないのでお腹はは痛いままなのでレミケードの効果もクソもありません。

●お腹の具合
五段階評価○が多いほどBAD

自発(○○○)
圧痛(○○○○)
違和感(○○)
倦怠感(○)

歩くと響くし痛い。
よって水分補給中心でエレンタールも少し。

●栄養
エレンタール300kcal
ラコール0Kcal

●体重、体温
50kg、36.3度


最終更新日: 2013年1月12日 all1,083hits.weekly2hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

“狭窄クローン病患者のレミケード1回目” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。