平成27年の特定医療費(指定難病)受給者証が届く-クローン病 公費

特定医療費(指定難病)受給者証送付は平成27年の01月の下旬頃と言われていた平成27年用の特定医療費(指定難病)受給者証が届きました。今までのものとはかなり様子が違いますね。あ!月額自己負担上限額が10000円になっています。とりあえず3年間は10000円で許してくれるようです。現在は一般所得Ⅱに属するので経過措置3年後は20000円ってわけですね。目安として年収が810万円を超えると上位所得者となって月額の負担は30000円になります。年収810万円か。微妙だな。でも年収810万円超えたら30000円上限でも文句は言えないでしょう。

指定医療機関名が空白なんだが

今まで大阪府では指定医療機関名の概念がありませんでした。どこで受けてもクローン病の診察や治療であれば受給者証の効力を発揮出来ました。しかしそれぞれの病院で上限まで払うので例えば月額の上限負担額が5000円としたらA病院でも5000円、検査のためにB病院へ行けばそこでも上限は5000円と10000円になることもあります。新しい制度では診療の病院の縛りが出来るものの、特定医療費(指定難病)自己負担上限額管理票と言う記録冊子があり指定医療機関であれば合算の上限になるのでこれはありがたいと言えばありがたいですね。

申請の時に行くであろう医療機関は全力で記入したのですが、難病法に基づき指定された指定医療機関と書かれているだけで空白です。経過措置期間はそのようです。

とりあえずギリギリ年内には届いたということで役所の人もよく頑張った。


でも普通に働けるのがありがたい

一番、ありがたいのは健康で居れること。普通に働けて、心地よく眠れ、あまりどこも痛くなくて、辛くない。これがいいですね。今は自律神経失調症の影響かなんとなくボーッとした日々になっています。メンタル的には崩れていません。おそらくですがそのメンタルがそこそこ強いので身体のあちこちに影響が出ているのでしょう。そしてある一定以上に身体が崩れて、やっていく自信が崩れた時に一気にメンタルも崩れて鬱になったりとかするのかな?

自分は鬱にならない

自分は鬱にならないと言っていた方が突然うつ病になったこともあります。最初は私は精神力が強い!少々のストレスでも乗りきれる!と言っていたのに、なんとなくやる気が低下して、次に無気力や無関心になって、塞ぎこむようになる。そんな人達を何人か見てきました。その度に自分も過信したらヤバいなぁと言い聞かせています。早めに病院へ行きデパスを飲んだり、1日仕事のことは考えない日とか作って凌いでいます。

最終更新日: 2014年12月29日 all1,126hits.weekly3hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください
日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*