アトピー性皮膚炎のかゆみ解明-クローン病 皮膚症状150725

ここ数ヶ月の間、「レミケードの副作用」というか「レミケードが切れそうになったら」と言う方が理解しやすいか。
掌蹠膿疱症のような症状と尋常性乾癬のようなアトピー性皮膚炎のような症状で困っています。
一説にはレミケードの副作用の一つである乾癬様皮疹であるかも知れません。

掌蹠膿疱症の定番治療

ということで掌蹠膿疱症にはフルメタ軟膏とサルチル酸ワセリンを混合したもの、乾癬様の部分にはアズノール軟膏とアンテベート軟膏を調合したものを塗りまくりです。どちらもそこそこの強さがあるステロイド剤です。それとビオチンとミヤBMとビタミン剤です。手はずいぶんマシになって来ました。でも足はなかなかと治りません。根気よく行きましょう。


“アトピー性皮膚炎のかゆみ解明-クローン病 皮膚症状150725” の続きを読む

岩手県へ温泉出張へ行く-クローン病 温泉150703


アイルランドから無事に帰国して「やはり出張がない日々は平和だな」と思っていたのつかの間、週末から式典の来賓と岩手県へ行ってくれ!とのこと。仕方がなく07月03日,04日と岩手県温泉出張となり、飛行機に乗るために大阪伊丹空港へ。

朝のモスバーガー


大阪伊丹空港にはモスバーガーがあります。モスバーガーの朝御膳と言うメニューが和食系で量も手頃でクローン病患者にはなかなか負担が少ないファーストフードなのです。味もなかなか良くて味噌汁もあってこれはなかなかの逸品じゃないか?



飛行機に乗り込んで一路岩手花巻空港へ!いわて花巻空港までは約1時間と少しの空の旅です。


“岩手県へ温泉出張へ行く-クローン病 温泉150703” の続きを読む

アイルランドから帰国-クローン病 海外出張150626


目覚めは良かった。というか時差ボケで身体はフワフワとしていますが。レミケード投与直後の海外出張でしたが、クローン病に邪魔されることもなくようやく帰国の途です。もちろん下痢もなく快調な便が出ます。おそらく大腸は好調なのでしょう。ただなんとなく詰まりかけな小腸はスッキリとしません。



ダブリン国際空港に到着。あとはフライトまでゆっくりと過ごせます。私が乗るドバイ行きのエミレーツ航空も定刻と表示されており機材も駐機されているので安心。ここで遅れられるとドバイでのトランジットがバタバタとして大変です。何事もなく定刻にテイクオフしました。



“アイルランドから帰国-クローン病 海外出張150626” の続きを読む

アイルランドダブリン最後の夜-クローン病 海外出張150625


waterfordでの仕事も終えて06月24日の夕方ダブリンへ向かう。24日の夜はダブリンでゆっくりと過ごして25日の昼の便で経由地のドバイへ向かいそこでトランジットして一路、関空へ向かう予定です。

Clayton Hotel, Dublin Airportに着いた。少し高いホテルですが翌日の空港までのアクセスが良い。それだけで会社が高くなったホテル代を認めてくれるかだ。「いやぁ身体に合わないものを食べ過ぎて、いつもに増してお腹がおかしくて、至便なところへ泊まりました!全てクローン病が悪いんです!」って経理に適当をぶっ込んでおこう。
07月20日現在:何事も無く無事に精算されました



さすがそこそこのホテルとあって居住性がいい!さぁ今夜はゆっくりと今後の戦略をまとめておいて帰りの飛行機は映画と睡眠三昧だな!と思っていたら携帯電話が「ダブリンの最後の夜を祝福しよう!」らしい。シャワーを浴びてスーツに着替えて待ち合わせ場所へ向かった。「夜って行っても明るいじゃないか!」まぁいいや。


“アイルランドダブリン最後の夜-クローン病 海外出張150625” の続きを読む

アイルランド ウォータフォードへ行く-クローン病 海外出張150624

平日は色々と忙しく帰ってきたら睡眠時間の確保で精一杯なのでなかなか投稿が進みませんね。


06月23日の朝、もう時差の関係で自律神経がおかしい。身体も気分も夜なのですが、環境は朝です。ダブリンの朝の景色はなんとも爽やかです。もちろんコネチカットもなかなか良い朝でしたがアイルランドは気候も良くてさらに爽やか。レミケードとかクローン病の治療が日本と同じく受けれるのであれば1年程度過ごしてみたいものだ。




Waterfordと言う街に向かうためにHEAUSTON駅に向かう。イルンロード・エールン(アイリッシュ・レール)で約2時間程度の鉄道の旅です。やはり違う国の鉄道に乗るのはなかなか楽しみです。

車窓から景色を眺めていると牛や羊やとのどかな町並みです。


“アイルランド ウォータフォードへ行く-クローン病 海外出張150624” の続きを読む

アイルランドダブリンでフィッシュアンドチップスを食べる-クローン病 食事150623


アイルランドは爽やかな天気です。暑くもなく寒くなく非常に過ごしやすい気候です。こんなところでゆっくりと過ごせたらクローン病もちょっとは寛解を続けるかな?。レミケード倍量投与も開始して年単位でクローン病の病勢からは逃れてこれた感があるもののここ最近はなんとなくレミケードの持ちがイマイチ。このアイルランドの出張もレミケードを受けて翌日に出国して来たわけですが、さすがにレミケード投与したては調子がイマイチ。詰まるとか痛いというものはないもののなんとなくお腹が違和感。





“アイルランドダブリンでフィッシュアンドチップスを食べる-クローン病 食事150623” の続きを読む