イムラン錠が効いているのか?-レミケードとイムランの併用


レミケードとイムランの併用について




前回レミケード投与から5週です。レミケード前になってくると下痢や倦怠感等、クローン病の諸症状が激しく出てきますが、前回と前々回は比較的マシなようです。2010年の01月頃からレミケード投与から5週あたりで1日10回を超える下痢や発熱が出てきて大変でした。

そこでレミケードとイムランの併用作戦に入ったわけです。これは効果が出る人は顕著で今までレミケードが 8週はおろか6週にも届かなかった人が8週間隔に落ちついた人もいるようです。よし!私も後に続くぞ!と言うことで2010年06月あたりから免疫調整剤であるイムラン錠を飲み始めましたがあまり効果がありませんでした。ようやく一年越しで効き目が出て来たのか?


通常二か月で効き目が

イムラン錠には即効性はなく通常は飲み始めて二か月あたりで効き目が見えてくると言われています。その判断材料の一つに白血球値があります。イムラン錠は免疫を抑制しますから白血球値が下がります。ただ必要以上に下がりすぎてイムラン錠が中止になる人もいます。ただ私の場合は半年飲んでも白血球値は基準範囲の上限より上になっていました。全く白血球値が反応しない。と言うか基準範囲の上限いっぱいか少し超えるくらいです。私の体はレミケードだけならまだしもイムランに対しても徹底抗戦をするようです。そりゃクローン病とかなる資質十分な体質ですね。

2011年07月の検査で

前回のレミケード時の血液検査で白血球値はようやく基準範囲に入ってきました。ん?ようやく効き目が見えて来た?一年越しって実例あるのかな?それとも炎症のチカラが弱くなって来たのだろうか!?それはわからん。

レミケードとの併用

レミケードはイムラン錠と併用すると長持ちすると言われています。レミケードの倍量投与がクローン病にも承認が出ました。しかし8週廻りが大原則になるようです。別に倍量じゃなくていいので5週間隔で投与させてくれたらいい感じで過ごせるのですが。ただレミケード倍量投与で半減期が後ろに倒れるので8週間は持つでしょう。と言うのが考えのようです。とりあえずやってみなきゃわからないね。でもレミケード倍量とさらにイムラン錠で免疫を抑制。ホント大丈夫か!?そこが心配です。もう免疫抑制しまくりですね。これでさらに悪化の時はステロイド(プレドニン)も使うわけですから、別な病気になるんじゃないのか?


最終更新日: 2017年8月17日 all1,835hits.weekly12hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。