痔瘻で悩む女性-クローン病の合併症で痔瘻にはレミケードは効かないか?


痔瘻にレミケードは効かない!?

痔瘻にレミケード


今日は2007年夏にクローン病を発症した女性と会ってお話をしました。
この方は2007年から面識がありますのでたまにクローン病についてお話をします。
中国地方の日本海側の県から、わざわざ兵庫医科大学病院に来ておられます。

彼女は2007年夏頃にクローン病が確定しました。当時は小腸末端部と膀胱が瘻孔(ろうこう)で繋がってしまい小腸膀胱瘻になり気尿がおきて病院に行ったところクローン病と診断されて、兵庫医科大学で手術を受けました。

特に肛門等の病変は女性にとっては非常にナーバスなことです。自分と同じく悩んでいる女性もいると思うのでありのままに書い欲しいと言うことで今回記事にしました。



レミケードコントロール後から痔瘻

彼女は2007年秋の術後からレミケードを開始してクローン病をコントロールしていました。下痢等は状態化していましたがお腹の状態は比較的安定したようです。2011年の夏前頃に肛門部に違和感、痛みを感じて痔瘻と診断されました。
現に今も普通の食事をしても腹痛等はあまりないとのことです。

私としてはもともと痔瘻がある人がレミケードを投与しても一旦は沈静化したりするが、やはり調子が悪くなったり再発した!って言うのは聞ききますが、レミケードを投与していても新たに痔瘻は発生するんだなと再度認識しました。やはりクローン病って手ごわいですね。

2012年にシートン法手術したが

2012年の1月にシートン法の手術を受けてコントロールしていましたが、あまり快方に向かわずに、別な部分に膿瘍が出来たりしだしました。イムランの投与も開始したのですがあまり奏功はせず、痔瘻は複雑化しているようです。

彼女は比較的お腹は安定しているということから食べ物は普通に近い状態です。エレンタールは2本/日で栄養補助程度の位置づけですね。じゃ厳密の食事制限をしていたらこうはならなかったのでしょうかね?一説によるとクローン病のナチュラルヒストリーから言うと「遅かれ早かれなる」と言う医師もいらっしゃます。

痔瘻にはレミケードもなかなか効かない

この患者さんだけでなく、レミケードにより痔瘻は一旦は緩解もしくは治癒はするが再発することが多いようです。特にこの患者さんのようにレミケードを投与する前は痔瘻はなかったがレミケード開始後から痔瘻が出た人も聞きます。レミケードにより炎症そのものは抑えてはいるが、その反面レミケード投与の副作用である「

細菌に対しての耐性

」が落ちて痔瘻になってしまった。と推察する医師もいらっしゃいます。レミケードは腸管と腸管のような内瘻には効くが痔瘻のような炎症と細菌感染が密接に関係する外瘻には効きにくい等、状況によって治療を判断できる医師の力量が不可欠とどこかで読みました。

現状

今日の兵庫医科大学の診察で骨盤部のMRI検査をしよう!ということになったそうです。現在は直腸膀胱瘻直腸膣瘻の疑いもあるようです。検査の結果次第で外科的に処置をするのか?そのままなんとか温存するのかを決めるそうです。また変化があれば記事にするかも知れません。


※2017年現在この患者さんはやはり痔瘻で悩んでおられます。腸管は狭窄や手術等もなく比較的比較的安定されておられますが、やはり肛門周囲が腫れたりと悩んでおられます。


最終更新日: 2017年9月2日 all5,056hits.weekly23hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。