できものを潰す!-肛門付近の腫物は崩壊しました。

東京大手町

03月29日現在、新型コロナウィルスの拡大でおとなしくしています。アクティブに大阪と東京間を行き来していた私も03月23日に大阪へ帰ってきたのを最後に一切の移動を取りやめております。今のところ04月の前半の予定も全てキャンセルをしています。

さて03月17日の夜に突然に出た肛門周囲膿瘍を疑うような症状ですが、03月29日現在、落ち着いています。と言うかなくなっています。


“できものを潰す!-肛門付近の腫物は崩壊しました。” の続きを読む

なんか痛いぞ!-肛門付近の腫物は成長過程です。

永代橋

03月17日出張途上で肛門付近にチクッと痛みを感じました。ホテルのお風呂で肛門付近を触ってみると明らかに腫れている。これはクローン病患者が恐る肛門周囲膿瘍ではないか?と言うお話。痛くなった経緯は前回の投稿にて。

肛門付近の腫物にビビる。肛門周囲膿瘍か?

肛門周囲に違和感を覚え不安なまま眠ってしまいました。翌朝起きると「さらに腫れています」おまけに触ってもいないのに少し痛い。激しく痛いわけではないのでそのままホテルを出る。春めいた快晴の朝の街ですが気分は曇りです。世間では新型コロナウィルスで大騒ぎですが、私はそれどころじゃありません。自分のお尻で大騒ぎです。





“なんか痛いぞ!-肛門付近の腫物は成長過程です。” の続きを読む

肛門付近の腫物にビビる。肛門周囲膿瘍か?

東横イン門仲永代橋

突然に肛門の付近に腫物が出来ました。少し痛いし。これは場所が場所だけに肛門周囲膿瘍か?。クローン病の合併症として痔瘻とか肛門周囲膿瘍があります。私はクローン病の診断も付いていない30年近くも前に痔瘻を患い、根治術を受けました。1990年頃なんてネットもなく携帯電話もありません。もちろんクローン病なんてレアな難病でした。当時の情報源は家庭の医学のような書籍しかありません。もちろん痔瘻=クローン病を疑うと言う構図はあるわけもなく、普通に痔瘻根治術を受けましたが、奇跡的に30年近く再発もすることなく過ごして来ました。でもここに来て肛門周囲膿瘍や痔瘻を思わせる症状が。





“肛門付近の腫物にビビる。肛門周囲膿瘍か?” の続きを読む

レミケード73回目、倍量投与再開8回目-インフュージョンクリニック通院

大阪駅

01月18日に無事に東京から大阪に帰還し診察とレミケード投与が出来ました。流石にレミケード8週目目前の1週間の北陸、茨城、東京の出張ツアーはキツかった。

01月14日クソ寒い早朝の大阪駅からサンダーバードに乗って金沢に向かう。





“レミケード73回目、倍量投与再開8回目-インフュージョンクリニック通院” の続きを読む

阪大病院へ定期診察へ行く-2019年冬編

12月03日はクローン病の経過観察と言うことで阪大へ行ってきました。半年近くぶりです。何故?阪大でクローン病の経過観察で通っているかと言うと2017年の夏の小腸ダブルバルーン内視鏡検査で強い狭窄があり、いつ手術になるかわからない。そうなった時にはすぐに手術に入れるようにと言う医師の配慮で通っているのですが、あれから2年以上経つのですが何とか持ちこたえています。「どうせ手術フラグが立っているんだから」ってことで結構すき放題やっているのですが、まだ手術まで行きません。クローン病って本当によくわからない病気ですね。





“阪大病院へ定期診察へ行く-2019年冬編” の続きを読む

一気に寒くなりましたね。下痢は治る。

11月26日に大阪に戻って来て28日,29日に茨城県へGo!って大阪と茨城県つくば市って6時間かかるのですよ。下痢の時期は本当に大変なんですよ。まぁでも今までピンチな場面は何度かありましたがそれなりになんとかなって来ています。クローン病の不調や下痢が寝込んでいたら治る病気だったらいいですけど、結局は寝ていようが起きていようが、守って行動していようが、攻めて行動していようがたいして変わらない。耐えるか?耐えなれないだけかです。泣こうがわめこうが治らないものは治らない。そう闘病なんだ!、横になっているより絶食で行動でなんとかなる!





“一気に寒くなりましたね。下痢は治る。” の続きを読む

レミケード72回目、倍量投与再開7回目-インフュージョンクリニック通院

世間はすっかりクリマスモードですね。11月23日、24日と伊勢の海の幸旅行に行って、下痢気味な感じの中、レミケード72回目、倍量投与再開7回目と言うことで通院です。通院が終わったらそのまま東京を経由して茨城県へ行ってやろう!と目論んでいます。通院はお昼からなので、午前中はちょっとゆっくりして銀行にデビットカードの手続きへ行ってそのままクリニックへ。





“レミケード72回目、倍量投与再開7回目-インフュージョンクリニック通院” の続きを読む

レミケード71回目、倍量投与再開6回目-インフュージョンクリニック通院

09月28日は71回目、倍量投与再開6回目でした。本来は09月30日の予約でしたがどうしても外せないことがあったので28日の土曜日に変更していただきました。それはそれでいいのですが、これは10時からの枠しか空いていませんでした。27日の夜は東京にいるのです。と言うことは06時50分発ののぞみ7号で新大阪に向かわなきゃ10時前にクリニックに入れません。私は早起きがあまり得意じゃないんですよ。





“レミケード71回目、倍量投与再開6回目-インフュージョンクリニック通院” の続きを読む

レミケード70回目、倍量投与再開5回目-インフュージョンクリニック通院

08月05日はレミケード70回目、倍量投与再開5回目と言うことでクリニックへ行ってきました。前日ま淡路島は洲本で鱧料理ツアーに行き散々飲み食いしたのでCRP上がりまくりだろうな?と覚悟をして行きました。
それにしても真夏の通院は身体に堪える・・。私は夏生まれで若い頃は夏が大好きなで照りつける太陽!青い空!白い雲!を見るとわけもなくワクワクして出かけていましたが、クローン病になった25歳あたりから夏が辛くなって来ました。





“レミケード70回目、倍量投与再開5回目-インフュージョンクリニック通院” の続きを読む

阪大病院へ定期診察へ行く

気がついたら07月も中旬なんだ。いまだに週の前半が大阪、後半が関東と言う生活を続けています。ずっと東横インホテルに泊まっているのでポイントがアホほど貯まります。1泊に1Pで10泊すれば1泊無料!年間80泊近くする私にはこのポイントはバカになりません。でもクローン病が騒いでいる時の出張生活は本当に辛いものです。

と言うことで06月の後半に阪大病院へ定期診察へ行って来ました。阪大病院には4ヶ月に一回あたり診察に行っています。きっかけは2017年の小腸ダブルバルーン内視鏡検査をして「狭窄も微妙なんで外科的処置(手術)も考慮した方が良い」と言うことで、その時になればいつでも阪大病院に入院出来る様にの配慮なんですが、なかなかその時が来ません。私の狭窄もなかなかしぶといですね。





“阪大病院へ定期診察へ行く” の続きを読む