レミケード2回目投与のために病院へ行く-通院090709


昨日はレミケード2回目を投与しました。投与反応はありませんでしたし、特に副作用も出なくてよかった。無事にレミケード投与は完了です。しかしお腹の調子はあまりよくないです。今朝も結構痛かったです。やはり狭窄が邪魔しているのでしょうか。

とりあえず手術見送り

医師はとりあえず行けるところまで行きましょうという見立てです。今回のレミケードでクローン病の病勢がさらに落ち着くか見極めましょうと言う話になりました。最低でも3回目のレミケード投与が終わってしばらくしてから判断をした方がいいでしょうとのことでう。

今後の戦略

まず、レミケードで狭窄にのっている炎症が取れればそのままレミケードを継続。それでもダメなら手術ということです。現状は結構不便な感じなのでできれば手術したいという方向にかなり気持ちが傾いています。でも安易に切るのもよくないのでしょう。

術後は快適なるのですが

2年前に狭窄の部分から瘻孔ができて腸管膜に膿瘍ができて破裂して汎発性腹膜炎になり手術しました、術後はほんとに快適な生活でした。あれを思うとつい切ったほうが。。と思ってしまうのは。でも確実に腸が短くなるのでやはり避けた方が賢明ですね。クローン病はむやみやたらに切ってしまうのもよくありません。焦らずに様子を見ます、


最終更新日: 2013年1月12日 all554hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。