レミケード25回目、倍量投与6回目のその後


プレドニンが効いているせいか本日も腹痛は少しだけ、ラコールで凌いでいます。レミケード前から少し調子は悪かったのですが、昨日に投稿したとおりにレミケード翌日から絶不調。レミケードをしたのにプレドニン投入です。まいった。本当にレミケード後は安定しない。なんでだろ?、



レミケード20回目までは

レミケード20回目までは、レミケードが切れてくると下痢や発熱で苦しみ、レミケードとともに症状が一気に改善した。その後、1週間前後にイレウスっぽくなって苦しむこともあった。レミケード21回目からの倍量投与を機にレミケード切れにより下痢や発熱からは解放された。しかし今度はイレウスの度合いが激しい。うまく行かないな。

そろそろ外科的処置かな。。

おそらく狭窄部がかなり深刻なのですかね。ステロイドで炎症をコントロールすると改善されるので腸管の浮腫みにより閉塞するのでしょう。でも少し浮腫んだだけでダメになるのでしょうね。要は余裕がない。こんなのが度重なるのならば、細い部分を切除するしかありませんね。確かにこの不便さからは解放されるだろうけど、やはり手術となると大がかりだな。

とりあえず

とりえずもう少し様子見ですが、いよいよかも知れませんね。とりあえず、明日は東京へ出張です。この体調の中乗り切って来ます!。


最終更新日: 2012年6月10日 all587hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“レミケード25回目、倍量投与6回目のその後” への2件の返信

  1. ajari様、詳しいアドバイス有難うございます!

    体調が芳しくないご様子で……

    大丈夫ですか?

    ハードなスケジュールが続くんですよね

    頑張って下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。