ビオチン投入-体記110417


掌蹠膿疱症、尋常性乾癬の基本セットである。ビオチン、ビタミンC、ミヤBM、ステロイド軟膏を投入です。しばらく長い闘いになりそうです。特にこのビオチン、ビタミンC、ミヤBMは基本3セットでビオチン治療においてはどれが欠けても効力が発揮されないところです。ビオチンだけ飲んでいてもだめなわけです。要はミヤBMで腸内環境を整えてビタミンCでビオチンを活性化すると言う図式なようです。腸内環境を整えると言っても新ビオフェルミンのような乳酸菌はビオチンを餌にしちゃうのでだめなようです。


ビオチンが少ない

掌蹠膿疱症、尋常性乾癬やクローン病の人はビオチンの血中濃度が健常な人と比べて少ないらしい。掌蹠膿疱症、尋常性乾癬は解るのですが、クローン病はビオチンが少ないからなったのではなく、クローン病になって腸がおバカになりビオチンを吸収しにくくなったからビオチンの血中濃度が低いんじゃない?って思うのですが、そして掌蹠膿疱症、尋常性乾癬を合併する。うん!こっちのほうが理にかなっていると思うのですが如何なものでしょうか。

風邪か!?

体が重くて寒気がして風邪のような症状です。実は会社で思いっきり風が流行っていましてとうとう移されたのかも知れない。散々寝たけど早く寝よう。


最終更新日: 2011年4月17日 all1,610hits.weekly2hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。