イムランと尿路感染-免疫抑制剤(調整剤)110206


02月01日の診察日に先生に「イムランと尿路感染」について聞いた。結論から言うともちろんリスクはある。しかし私の血液検査の結果は常に白血球が10,000近くでとてもイムランがしっかり効いているとは言い難い。好中球とリンパ球のバランスもイムランを飲んでいるわりに正常。じゃなんだろ?でも男が尿路感染になる確率ってすっごく低いらしいのにそれでもなるってことはやはり白血球数だけでは片づけられない何かがあるのか?


実はレミケード後が

実はレミケードを投与した直後は血液検査をしていない。よってその時期は白血球も少なくなっていて。レミケードの効果が切れだしたらクローン病の悪化に伴って白血球値が上昇しているのかも。いつもレミケード直前に血液検査をするのでその時期の結果しか見ていない!?一度レミケード投与後3週目くらいで血液検査してもらおうかな。

おちんちんに綿棒

どちらにせよあまりに再発するのであれば、感染している細菌を特定するために尿道から綿棒みたいなを入れて培養検査するらしい。「そんなことを泌尿器科に言われたぞ!」って言ったら伊藤先生もイムランの継続投与を悩んでいるご様子。なんで?って聞いたら、「いやこのまま投与して尿路感染が再発したらなぁ」と私は先生に言いました。
私は意を決して「そのままいきましょう。もしか再発したら主治医の責任として私と一緒に仲良く検査しましょう!」と。

先生は「なんで僕が!僕は膀胱もどこも悪くない~」、私も「薄情な!一緒にちんちん綿棒しましょうよ~話のネタに。」とバカなことばかり言っていますね。横で看護師さんも苦笑です。変な患者。
診察室では「ちんちん綿棒」「ちんちん綿棒」とよくわからない単語が連呼されていました。



最終更新日: 2013年3月3日 all660hits.weekly0hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。