イムランの副作用で吐き気か-免疫抑制剤の副作用100913


免疫調整剤とか免疫抑制剤と言われるイムランクローン病も潰瘍性大腸炎もステロイド離脱やレミケードの効果持続のために処方されます。そのイムランの副作用の一つに吐き気があります。イムランを飲み始めて約3カ月程経とうとしますが、夕方あたりにどうも吐き気がします。

そんなに激しい吐き気はしませんが、微妙な吐き気で気分がすぐれません。

微妙な吐き気

トイレに行って吐きたい!ってまでにはなりませんが、微妙に気分が悪いと言う感じです。大体14時あたりから17時あたりがピークでその他はマシです。でもその吐き気を感じると同時にお腹の調子悪さも少しマシになって来た気もします。もしや!本格的に効いてきたのか!?どうなんだ!

慣れるらしい

ある程度すると慣れてくるらしい。吐き気が無くなってくるのか、それとも吐き気を吐き気と感じなくなるのかそれはわかりません。でも飲み始めは吐き気やまめいとか頭痛を訴える人が多いようです。「飲み続けているとあまり感じなくなりました」って言うのが多いです。ちなみにまだ吐き気で本当に吐いてしまうまでは行っていません。


最終更新日: 2013年3月3日 all2,170hits.weekly2hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。