1992年の総括-クローン病の幕開け

クローン病の症状は全てここから

クローン病の全ては1992年の冬から始まった!と言って過言ではありません。
バブル景気も崩壊の足音が聞こえて来た時期です。でも若くて未来にもあまり不安も感じていないいつもと変わらない冬でした、

痔瘻

確か1992年の秋口あたりから、肛門付近に出来ものが出来ました。痔かな?と思いしばらく様子を見ていましたが治るばかりか逆にすこしづづ、痛くなってきました。ブリザSやG4など塗ろうが一向に治りません、があるとき、硬い椅子に座ったときに「プチッ」という感覚とともに痛みが楽になりました。これがクローン病の症状の特徴である。肛門周囲膿瘍から痔瘻のパターンです。でもこの時期は痔瘻はもちろんのこと、炎症性腸疾患やクローン病などのキーワードは頭の中にありません。


“1992年の総括-クローン病の幕開け” の続きを読む