iMacのリセールバリューの良さにドン引き


先日、デスクトップパソコンの環境は一旦Apple iMacとおさらばしてWindows環境へ行く記事を書きました。MacOSの環境がイマイチって言うわけではありません。windows VS mac戦争に巻き込まれたくないので両方持っています。もともとデスクトップマシンをwindowsマシンにした理由はSony α7R IVと言う6100万画素の高画素カメラを買ってしまい、そこそこのマシンスペックでないとRAW現像の処理が重たくなったためです。

マウスコンピューター DAIV Z9を買う




どっちも良いのでディスクトップはWindowsでノートはMacにしました。そこで不要になったiMacをヤフオクで出品した時のお話です。


家電量販店に見積もる

2017年の買った当時は約36万円の構成でした。

iMac 2017 27インチ 5Kを買う




「高価買取!」「Mac高く買います!」ってお店、数点に買取見積もりをお願いした。
大体10万円前後でした。まぁ3年経ってるのでそんなものか。って納得していていました。

オークションのほうが良い?

googleでiMac買取とか検索していたので、あちこちに買取関連の広告が表示されます。そこでYahooオークションの広告もありました。一度オークションに出品してみるか!13万円くらいで売れたらうれしいぞ!ってことで早速、オークションに出品することにしました。


送料はこっちもちでいいや。そこそこ綺麗に使ってきたので綺麗さをアピールできる写真にして。出品価格13万5千円で設定して出品した。

あまり反応がない

なんか入札がありません。やはり10万円くらいが相場なんかな?って思っていた矢先に入札がポツポツと入りだし、15万円あたりまで競り上がりました。やった!もう十分!って思っていたのですがどんどん入札が入って来て20万円まで競り上がっています。


さすがにこちらもドン引き。

入札終了1時間前

入札終了1時間前はさらにデッドヒートとなり、24万円で終わりました。やはりApple製品のリセールバリューは凄いな。って思いました。Windowsマシンなら同じスペックでもこうはいかないだろうな。無事に発送も終わり、先方も私のiMacの状態にご満足を頂き取引は終わりました。


まさか24万円まで競り上がるとは、想像もしていませんでした。一応、落札直後にお相手に2017ねんですよ?2019年じゃないですよ
と確認をしましたが、このスペックでしたらこの価格で妥当な所じゃないですか?写真を見る限り綺麗そうですし。と言う事でした。ではあの高価買取のお店は全然高価買取じゃないじゃないか。まぁ個人売買のトラブルのリスクを嫌う人は大手の買取を使うのかな?


最終更新日: 2020年8月2日

初版投稿日: 2020年8月2日

all195hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。