淡路島の民宿はぎわらで鱧料理を食べる。


08月05日にレミケードの投与を控え、無謀にも泊まりがげで淡路島は洲本の民宿「はぎわら」へ鱧料理を食べに行きました。もちろんレミケード前です。調子も良いハズはありません。ゼンタコートでなんとかごまかして鱧料理一泊旅行へ行きました。大阪市内から車で約2時間弱です。前日からなんとなく下痢っぽいのが心配でしたが、なんとか持ちこたえました。もう旅館に着けばこっちのものです。腹痛さえ起こらなければ下痢なんて少々は上等!。お!トイレも洋式でウォシュレットもあります。よし!後先考えずに飲むぞ!喰うぞ!





海沿い!

やはり夏と言えば海!ってことで民宿「はぎわら」前で海の写真を撮っていました。




鱧とうに

値段もそこそこいきましたが、鱧とうには絶品でした。下痢気味ではあるものの腸が詰まりかけ状態でないのが有難い。だいたいレミケード投与予定日の2週間前あたりから右下の腸がなんとなく腫れっぽくて詰まりそうで微妙にシクシク痛いこともあるのですが今回は奇跡的に助かった。





鱧ちりも頂きました。流石にえのき茸には手を出しませんでした。たぶん大丈夫とは思うけど旅先で詰まって悶絶になってもかなわん。




もちろん呑む

もちろん呑みます。ハイボール一択です。コーヒーを飲むとほぼ一撃で調子が悪くなりますが、今のところハイボールや焼酎は全然大丈夫です。もちろん肝臓にはそれなりの負担がかかっていると思うのでよくないですね。でも私はアルコールにはあまり依存はしていないのでノンアルコールハイボールがあったらそれでもいいな。と言いながらもそこそこ呑みました。お酒のあてにスナック菓子やピーナッツがありましたが流石にこれに手を出すと撃沈しそうなのでやめました。スルメとかの乾き物やナッツ類は基本的に調子が悪くなります。




翌朝も夏日

翌朝も全力で夏日でした。日射病になりそう。





昨日の夜は少々、飲み過ぎ食べ過ぎ気味だったので朝はたまごがけご飯と豆腐のみ





と言うことでレミケード直前の鱧料理の一泊旅行は大きなトラブルもなく乗り切れました。クローン病患者らしからぬ行動ですね。クローン病ってほんとよくわからない病気で少々飲み食いをしても全然平気な時もあれば絶食しようが思いっきり調子が悪い時もあります。やはりレミケードで治療していたら食べるときはそこそこ食べて、食べ過ぎたな?と思ったら適度な絶食期間を設けるのはよろしいようで。


最終更新日: 2019年8月11日 all247hits.weekly0hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。