クローン病と食事

クローン病は食事が大きく影響するのは言うまでもありません。低脂質、低残渣、低刺激が基本と言われています。時にはエレンタールのみでの絶食、さらには入院してIVH(中心静脈栄養)で全栄養の補給。もちろん落ち着いている時(緩解期)においても食べれるものの幅が極度は狭くなります。ここ数年はクローン病も認知されてきたらしくクローン病のレシピ本レシピのサイトがあります。色々と考えられた素晴らしいものばかりです。

しかし
そんな手の込んだもの毎日出来ねぇ~

そう毎日出来ません。

素晴らしく美味しそうなレシピなのですが、毎日出来るようなものではありません。独身ならまず不可能。私のように結婚していて子供がいれば子供中心の食材になります。家族全員がクローン病だ!このやろ~。だったらいいのですが、私一人のためには手の込んだ料理は無理でしょう。そこまで私の病気で家内に負担をかけるつもりもない。
ただクローン病は若年層に発症するので母子の愛ならなんとかなるでしょう。それと新婚さん愛の力で!。いやいやそんな時代もあったなぁ。
ただ盆や正月や誕生日に作ってもらいたい。そのためにもそれらのレシピ本やサイトは大変有用です。感謝しています。

“クローン病と食事” の続きを読む