近場だけど京都へ一泊二日の出張

eyecatch20180318

02月から最近まであちこち出張とか出たり、食事会とか出たり、色々と活動できています。ただ何日か詰まった痛みに襲われました。出張先のホテルで「腹痛てぇ〜」って悶絶で横になるのも何回か乗り切って来ました。まぁ日本にいればとんでもない僻地でない限り大きな病院がありますし、クローン病そのものも最近はメジャーなのでクローン病を知らない医師もいないでしょう。その点は安心ですね。まだホテルのフロントに「救急車呼んでください!」は一度もありません。なんとか詰まった感も一晩で乗り切れることが多いです。ピークで苦しむ時間にして概ね8時間程度ですかね。この時間内に思いっきり吐いて次に下痢が襲って来たら「祝!通過」です。でも「吐かない」「下痢もガスもない」「お腹は悶絶するほど波打つように痛くて治る気配なし」ってのが8時間以上続いたら病院へ行くことをお勧めします。


京都へ行った

02月の中頃に京都へ行った。2日間のフォーラムで1日目は昼から、2日目は昼までと言うなんとも体に優しい出張です。私は大阪在住のなのですがいちいち帰って行ってが面倒なので適当なことをブッこいで京都に一泊した。





京都の夜ですが一人の時は飲みにも行かないし食べにも行かない。コンビニおにぎりでホテルの部屋で大人しくしていることが多いです。コーヒーも飲まず、アルコール分3%程度の酎ハイを飲んでベッドでダラダラしているのが幸せですね。





ちょっと早起きしたら良い天気だったので付近を散策した。





もちろん無事に帰還

京都も昼過ぎに終わり、さすがにこのまま帰宅するのは良心の呵責が!ってことで社に戻った。お腹も快調な感じ、クローン病も騒いでいない!ってことで兵庫県は西宮市まで夜の景色を撮影に行った。





日常生活は安定して来た

レミケードを開始したのが2009年そろそろ10年近くなろうとしています。通常量では炎症がコントロール出来ずに倍量投与になって半年ほど前から通常量に戻しました。確かに要所要所ではクローン病に悩まされますが、10年前から比べてずいぶん安定かな?とも思っています。いつ何時急激に再燃してそこそこ長い苦しみサイクルに入ってしまうのがクローン病ですがなんとか乗り切ります。


最終更新日: 2018年3月20日 all281hits.weekly2hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

“近場だけど京都へ一泊二日の出張” への2件の返信

  1. 「アルコール分3%程度の酎ハイを飲んでベッドでダラダラしているのが幸せ」この気持ちよくわかりますww
    出張頑張ってくださいね!!

  2. kengorouさん

    近々手術ということで大変ですね。

    私は気楽そうにはしていますが阪大の先生からはもうそろそろ手術かな?的なことを言われています。現在は絶賛監視中で数ヶ月に一回はクリニックとは別に阪大へ行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。