クローン病の炎症が治まらないのでプレドニンで対処-ステロイド121215


プレドニン-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)絶食等で対応していますが、食事会が入ったりして全くお腹の安静が保てません、もちろん炎症も治まらず金曜日なんとなくイマイチの状態でした。昨日の夜も痛くて早めに寝ました。今朝は目が覚めたら11時でした。炎症で体が疲れているのか!?お腹はあまり痛くはありませんでしたが、違和感と言うかおかしいです。仕方がないのでプレドニン(ステロイド)で対応します。とりあえず15mgからのスタートで行きます。年内離脱のプランで行きます。プレドニン(ステロイド)15mgとそこそこ厳しい食事制限をかぶせればなんとかなりそうな気がします。それにしてもレミケードは効いていないのかな!?それとも狭窄が限界まで来ているのか?


やはり効きますね

やはりプレドニン(ステロイド)は効きます。お腹のイマイチ感もかなり楽になります。ただ狭窄部が詰まっているような通りにくいような感じは残っています。もちろんこの狭窄部が線維化して固くなっていればレミケードをしようともプレドニン(ステロイド)しようとも意味がありません。外科的に処置をしない限りはこの苦しさからは解放されません。

これで詰まったら

これで詰まって苦しむのが続くようですといよいよ手術するしか道は残されていません。レミケードをしてイムランをして、プレドニン(ステロイド)も飲んでなおかつ食事制限をしてもダメなら万策尽きたと言う感じですね。。どうか明日は調子が戻っていますように。


最終更新日: 2013年2月10日 all793hits.weekly3hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。