この皮膚症状はレミケードの副作用か?-生物学的製剤の副作用


クローン病の合併症か?レミケードの副作用か?

クローン病の皮膚症状


毎晩、景気良くステロイド軟膏を塗りまくっています。経口のプレドニンはようやく離脱出来たっぽいのに、今度は皮膚にバンバン塗りまくっています。胴体部分はかなりマシになって来た気がしますが、足の部分はまだまだヒドい状況です。ステロイド軟膏は少し長いおつきあいになりそうです。

クローン病のブログなのに

このブログはクローン病が主テーマのブログなのに、しばらくは皮膚疾患系にハマってしまいそうです。ポツポツと出る程度ならあまり気にしませんが、一斉にワッ!っと出たら焦りますよね。この皮膚症状はクローン病の合併症なのか?それともレミケードの副作用なのか?非常に悩ましいですね。しかし過去の私のクローン病の病態を考えるとどうもレミケードの副作用である疑いが強いと考えております。


クローン病の合併症と考えると

例えばこの皮膚症状をクローン病の合併症と考えた場合に何にあてはまるのだろうか?壊疽性膿皮症や結節性紅斑がクローン病の代表的な皮膚の合併症ですが、どれも当てはまりません。

レミケードの副作用と考えると

乾癬様皮疹や掌蹠膿疱症等、レミケードの副作用を考えると非常に合致します。症状から見ればレミケードの副作用と考えた方がしっくりと来ます。ただひとつ合点が行かないとすれば、「レミケードが切れかけに皮膚症状が悪化してレミケード投与とともに皮膚症状が改善する」です。これが医師も私も混乱している点です。

最悪はレミケードを中止

レミケード投与とともに皮膚症状が激しく出てくるのであれば最悪はレミケードを中止すれば、まずは皮膚症状は回避出来ます。でもレミケードが切れると皮膚症状が出るのでこれも判断に困ります。

未知なる生物学的製剤

レミケードやヒュミラ等の生物学的製剤を投与で乾癬や掌蹠膿疱症が悪化したり、新たに発症するケースがあるようです。本来は乾癬や掌蹠膿疱症を抑えることができる薬なのに不思議ですね。おそらくレミケード投与の開始で乾癬や掌蹠膿疱症が発症して今度はレミケードが切れると悪化するような現象になっているのか?ここは乾癬をレミケードで治療している専門の皮膚科の先生が詳しいのかな。巡り会えたら聞いてみよう。

寝苦しい

とりあえず今はステロイドの軟膏で回避です。ただで気候が暑くなって来たのに、軟膏を体中に塗って寝るわけですから寝苦しいのなんのって。布団が必要以上に汚れないように長ズボンで眠りますので冷房と軟膏の粘着で寝苦しい。おまけに掌蹠膿疱症もあるので手にも全開で塗っているわけで眠る直前に塗らなきゃ本も読めないし携帯も触れない。ベタベタになるのでね。結構不便な生活になっています。


最終更新日: 2017年9月19日 all1,223hits.weekly10hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。