レミケード60回目、倍量投与やんぴ4回目-インフュージョンクリニック通院


01月22日はレミケード60回目ということで診察とともにインフュージョンクリニックへ向かう。今日は午前中からクリニックに入りレミケードを受けて15時頃の新幹線で東京を経由して茨城県に向かう予定。大阪は曇りですが横浜、品川あたりは雪が降り始めていて夕方に東京へ向かうのは無謀と言われている。





この二ヶ月間はやれ出張だ!やれ忘年会だ!とクローン病不良患者状態で過ごして来たのですが、炎症を示すCRPは0.1だった。ずっと高めだった白血球数も7800と良好な検査結果でした。倍量投与から通常量に戻して4回目を迎えますが、なんとか持ちこたえているようです。狭窄部が狭い!手術かも?と言われながらもこの2ヶ月間は激しく詰まることもなくなんとか乗り切れた。もしかしたら今年はこのまま乗り切れるか!?


ステロイドで少し元気に

レミケードを打つ前にリンデロン注4mgを前処置として点滴します。これはステロイド剤です。よく効くのですよね。リンデロン注の点滴からレミケードに切り替わるあたりに既にお腹のシクシク感やなんとなく下痢っぽい感が消えて行きます。目も覚めて来て身体も軽くなります。副作用がなく効き続ける薬なら本当に素晴らしい薬ですよね。

関東がエライことに

レミケードを打ちながら色々と天候情報を見ていると時間が経つごとに状況が悪化している。飛行機が欠航。新幹線、小田原、品川間が大雪のため徐行。「これは一番イケナイ時間帯に東京に着くのでは?」とクリニックの方も色々と心配はして下さったが、こちとら富山の豪雪も乗り切って来たんだ。ここで引き下がって出張を取りやめたらクローン病患者の名がすたる!そのままクリニックを出て大阪駅で向かう。





とりあえず途中で新幹線が止まっても遅れても少しでも快適に過ごせるようにグリーン車にする。おまけに誰も乗っていない。東京へ帰る人を除いて今からこの時間に東京へ向かう人は少ないだろうな。


なんかやばいな

米原駅を過ぎるあたりに雪が激しくなって来た。たくさん積もっていないものの雪がガンガン降って来ている。新幹線が進むに従ってその雪がさらに激しさを増す。程なく、「お大雪のため小田原、品川間は運転しますので東京への到着が遅れる見込みです」と放送が入る。


東京駅混乱

20分程度の遅れで品川駅へ着く。あとは東京駅までだ「本日は雪のため運休や遅延で東京駅が大変、混雑しております。また状況によってはお客様の目的へたどり着けないことが予測されますのであらかじめご注意を申し上げます。」と車内放送がなる。新幹線の車窓からみる在来線駅は混乱している感じはないですが、電車が不自然な場所で止まっているのを見かけるので混乱しているのかな?

京浜東北線も山手線も来ない

東京駅から秋葉原に行こうとするが帰宅難民にしっかりと混ざってしまいました。京浜東北線も山手線も来ない。間引き運転状態なので電車が来ても既に満タン。いつもは5分で行けるのが40分かかった。おまけに秋葉原駅で降りて下へ降りたいのにそのまま総武線の流れに乗ってしまってそのまま強制的に総武線ホームへ。

秋葉原駅も大雪

なんとか秋葉原駅に着いて、つくばエクスプレスに乗り換えに向かうが雪で混乱。それでもなんとかつくばエクスプレスのホームに降りる。さすが安定のつくばエクスプレス。若干の遅れはあるものの間引き運転はなし。強い!強いぞ!TX


研究学園駅に着いたら悲惨

研究学園駅に着いたら悲惨。寒い!吹雪!積もった雪の中をホテルを目指して歩く。富山も辛かったけどこれも辛い。身体は冷えきる。


無事に到着

なんとか着いた。大阪から7時間以上かかった。ホテルのロビーは暖かい。風呂にお湯を張ってまず身体を解凍しなくちゃならない。さぁゆっくりと寝よ。




最終更新日: 2018年1月28日 all431hits.weekly36hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。