レミケード8回目-インフュージョンクリニックへ初通院100402


今日は8回目のレミケード投与日でした。田附興風会 医学研究所北野病院消化器センター部長 伊藤裕章医師が04/01にインフュージョンクリニックを開業されました。今日はそちらへの初めての通院でした。すごく綺麗なクリニックでした。暖色系の内装で待合にはIBDの書籍がたくさん置いてありまさにIBD(炎症性腸疾患患者)のためのクリニックです。今日はそのお話。

プレドニンはしばらく継続

プレドニン(ステロイド)を25mgから15mgに減量した時の不調な感じ等を説明しました。プレドニン(ステロイド)は15mgを後5日間、そこから10mgに減量して4月の月末までは10mgで様子見になりました。今回のレミケードの効き目を見極めるのでしょう。

やはりレミケードは凄い

待合でも下痢でトイレへ入る状況。熱も37.8度Cあたりで診察を受けたのですが、レミケード投与開始30分後には熱は36.8度Cに下がり、投与終了後16:00から今までトイレへ行っていません。凄いですね。長持ちしてくれないのが悩ましい。でもレミケード投与中に下痢が治まってくるって如何なもでしょうか?やはりレミケードをした!と言う心理的作用もあるのでしょうね。

インフュージョンクリニック

大阪の梅田、堂山にあります。リウマチの診療もされておりますが、ほぼIBD(炎症性腸疾患)一色なクリニックです。伊藤医師はもちろんですが、看護師の方もIBD(炎症性腸疾患)の勉強に熱心です。普通にIBD(炎症性腸疾患)用語が飛び交っているクリニック。どことなく安心感がありますよね。

詳しくは。
医療法人錦秀会インフュージョンクリニック
http://www.kic-clinic.jp/



最終更新日: 2013年1月27日 all1,320hits.weekly7hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

“レミケード8回目-インフュージョンクリニックへ初通院100402” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。