大腸内視鏡検査しました。検査プロセス編-クローン病 検査140731



大腸内視鏡検査しました。前処理編-クローン病 検査140730の続き。


丸岡正典消化器内科前処理も無事に終わり、検査着に着替えて呼ばれるの待つ。ちゃんと内視鏡入るかな?あり得なく苦痛じゃないのかな?と色々と不安を持ちながら待つ。しばらくして呼ばれて内視鏡室へ。

さぁ!検査開始!

まず横になり、看護師さんが薬のアレルギーや既往歴を聞きながら血圧や酸素濃度を計る機器をつけていく。
そして点滴を刺した頃に丸岡先生が内視鏡室に入ってきた。
先生が「じゃぁ始めましょうか」と言ったら看護師さんが点滴の横から黄色い注射を入れる。
何か暖かいものを顔や頭に感じる。
「すごくビタミンの匂いがするなぁ〜」とか思っていたら。ajariさんと看護師さんに呼ばれた、「さぁ今からスコープ入るんだ!」と覚悟を決める。
すると看護師さんが「はい、終わりましたよゆっくりと立ってくださいね」と言う。頭も薬でボーッとしているし一体何の事かがすぐに理解出来なかった。痛いとか苦痛とか言う以前に検査したこと事体がわからない。
今まではこのような鎮静剤等を使わずにガチで大腸内視鏡検査を受けていました。そりゃ壮絶悶絶ですよ。下剤飲んで全部出して、痛さに耐えてそしておまけにS状結腸以降入らない。今日はガスで検査できないので日を改めて注腸大腸透視をしましょう!って「一体、どんなお仕置きなんだ!」と思っていました。
もちろん鎮静剤で大腸内視鏡することは知っていましたが、「精神を落ち着けるだけでそんなに変わらないだろう?」と思っていましたので鎮静剤を使う検査は本当に楽なんだと身をもって感じました。


全大腸検査出来た!

さらに驚くことに、腸が固くて回腸までは入れなかったものの全大腸は検査出来たようだ。今までは「入らない!」「痛い!」、「S状結腸から向こうへは行けませんね」とか満足な大腸内視鏡が出来なかったのですが、先生はやってのけてくれました。検査も終わり先生からの説明を受ける時に写真付きの結果一式をくれました。自分の横行結腸や上行結腸を見たのは何年ぶりでしょう。写真を見て「おお!全結腸見れたんだ」と改めて思いました。

残ガスもない

大腸内視鏡検査が終わった後はガスでお腹が張って非常に苦しいのですがそれもない。いつもは大腸内視鏡が終わったあとは横になってゴロゴロとあちこち向きを変えていち早くおならを出して減圧しないと歩くことも苦しいのですが、それが普通なのです。大腸内視鏡が終わった後はダメージが大きくてほぼぐったり状態なのですが、薬で若干フラフラする以外は検査前と同じ状態です。腕がいい医者ってこうも違うものなんですね。てっきり「努力はしたのですがやはり癒着が邪魔して」とか言われるのを覚悟していましたから。


ということで検査はうまく行きましたが、問題の結果は次に続きます。

最終更新日: 2014年7月31日 all1,484hits.weekly13hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください
日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“大腸内視鏡検査しました。検査プロセス編-クローン病 検査140731” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*