レミケード直後にイレウスで苦しむ-クローン病の狭窄騒動101109


昨日は何故にブログを投稿しなかったか?実はイレウスで苦しんでいました。やはりレミケード投与直後はこんな感じになります。なんでだろ?そこそこ悶絶でした。それは日曜日の夜に襲ってきました。

日曜日の夜

急に右下腹部が張って痛くなってくる。最初はあまり気にしなかったけど。だんだん痛くなって来る。早めに寝たのですが数十分置きに来る痛さで目が覚める。もちろんイケないものを食べたわけでもありません。逆にレミケード直後は調子が崩れるのが解っていたので食事にも慎重でした。なのにこの仕打ち。

月曜日は根性で出社

朝方は少し眠れたようです。起きたら少しマシ?いや!マシと思いこんで出社する。さすがにキツい。間欠泉ように襲ってくる痛みに耐えながらなんとか仕事をこなし夕方定時に早々と帰ってきてすぐ寝る。でもそこそこ悶絶。とりあえずロキソニンでお茶を濁す。夜中に下痢で起きる。気が付いたらお腹の痛みがずいぶん和らいでいた。そうか何かが通過したんだな。

そしていきなり会食

今日は痛いとは言え昨日よりもかなりマシ。穏便に済ませて帰って寝ようと思っていたら、会社関係の付き合いで木曽路へ会食へ行く羽目に。さすがにこれはキツい。通ったと言え腸管は張れているだろう。出来るだけ食べているような感じで量を抑えて乗り切った。和食なので卵豆腐とかあって助かった。エノキ茸とか白菜とかイカとかエビとか詰まる気満々のものはなんとか避けた。危ない。ってことで今夜は平和に眠れるか。現時点は少し痛い感じです。


最終更新日: 2013年2月24日 all640hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“レミケード直後にイレウスで苦しむ-クローン病の狭窄騒動101109” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。