プレドニンはどのように使いますか?-クローン病のステロイド130616


お問合せから。

私もajariさんと同じくレミケードをしているわりにはよく調子を崩しています。中国への出張の記事を拝見しました。ステロイドでコントロールして行くんだ!と驚きでした。私は自信がなくて海外出張はおろか国内出張も断って仕事や昇進のチャンスを見送って来ました。それでも自分の体のためとそれなりに納得して来ました。しかし厳しい昨今、このままでは私の職場での居場所がなくなりそうです(笑)。子供も中学になったばかりでまだまだリタイヤするわけにはいきません。私もajariさんのように出来るかどうかはわかりませんが主治医の相談してみたいのでどのようにステロイドでコントロールしているか詳しくご教授をお願いします。

お互い大変ですね(笑)。レミケードをしているとプレドニン(ステロイド)の効きが良いし、離脱にもあまり苦労したことはありませんでした。もちろん絶食療法にも反応が良いです。よってこれはレミケードを投与しているけど調子が悪くなる人向けですね。

もちろんこの方法は私が編み出したわけでもなく、主治医と相談の上決めたことです。
俗に「ステロイドレスキュー」と呼ばれているそうです。

私はそこに厳しい食事制限の期間を加えてさらに早くステロイドを離脱しよう!としています。

*ここで書いています「厳しい食事制限」とは、全栄養をエレンタールかラコールで摂取することです。


基本は食事制限(絶食)

海外出張や食事会の連発がない時期にクローン病の調子が悪くなったら基本的には厳しい食事制限で乗り切ります。とりあえず絶食を開始すれば3日間も経てばずいぶん楽になります。出来るだけプレドニン(ステロイド)は使わないようにして「ここぞ!」と言う時に激しく使うのがプレドニン(ステロイド)です。だから安易にプレドニン(ステロイド)に頼ろう!と言っているわけではないので誤解がなきようにお願いいたします。

海外出張予定数日前

海外出張予定日2~3日前に残念ながら調子が悪かったら、20mg/日でプレドニン(ステロイド)をスタートします。
(海外出張予定日前日まではネバりません、予定日3日間前に調子が悪かったら諦めてステロイド開始です。)

20mg/日で3日程過ごして出国日あたりに15mg/日に減量します。
20mg/日で3日で過ごしたわけですから、クローン病の調子もそこそこ改善しているハズです。

もしこの時点で全く改善していなければ出張は取りやめて病院へ行く方がいいででしょう。


基本的に出張期間中は15mg/日で過ごします。

出張期間中はプレドニン(ステロイド)15mg/日で過ごします。もちろん食事制限はしません。もちろん会食や食べなくてはならない理由がない限りは食べない方がいいです。出来るだけ隙を見てお腹を休めましょう(笑)。基本的に朝食はみんなで食べることは少ないので朝は抜いてお腹を休めましょう。

帰国後は10mg/日に減量と同時に食事制限に入ります。

さぁ帰国後は絶食体勢に入ります。基本的に必要な栄養はエレンタールラコールで摂取をします。あまりにも空腹に耐えらないならば夜にうどんとかそうめんで我慢します。5日間程度が目途です。
ステロイド離脱このあたりが壁で離脱症状はここで出やすいです。めまいや冷や汗、クローン病の症状そのものの悪化が出やすいですので体調には気を付けてください。ここでクローン病が激しく再燃したら大人しく病院へ行って主治医と対処を相談しましょう。

5mg/日で5日間程過ごして様子を見ます。

10mg/日→5mg/日の減量で大きなトラブルが発生していなければ5mg/日からゼロへの離脱はあまり苦労した記憶はありません。

どんどん主治医に相談

大体これでプレドニン(ステロイド)導入から離脱まで3週間~4週間程度ですので副腎機能が抑制されてプレドニン(ステロイド)離脱困難のなったり副作用が出ることも少ないでしょう。ポイントは厳しい食事制限をかぶせるです!お忘れなきように。(笑)
私の主治医(インフュージョンクリニック 伊藤 裕章院長)はこのような相談も聞いてくれて色々な作戦を考えてくれたり、英文で緊急用の現地の医師へ指示書も書いてくれます。
まずは主治医に相談しましょう。


最終更新日: 2013年6月16日 all2,165hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。