中国(大連、山東省)出張記その2-海鮮料理が美味しい130525


中国大連の街並み-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)中国は大連2日目、昨日の薬膳のしゃぶしゃぶが良かったのか、お腹はあまり痛まない。朝起きて少しすると朝食のお迎えが来た。まいった。朝は食べない方がお腹にはいいのに。案内されたら朝から!中華バイキング!。一瞬「えっ!」と思いましたがお粥とかがあったので助かった。卵とかお粥を食べた。うどんのような麺類もあり助かった。クローン病患者には優しい食材だ


大連開発区-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)日系の企業が多い「大連開発区」(Dalian Development Area)をうろついているとお昼になりました。お昼にしましょう!ってことになりました。ほんとビジネスには「食」がつきものなのでクローン病患者には厳しいです。「別にエレンタール飲んどくからそっとしておいて欲しかった。

餃子の王将大連開発区店

餃子の王将大連開発区店-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)なんと餃子の王将である。とりあえず無難に醤油ラーメンと餃子だ(ほんとに無難か?)。味はほとんど日本と変わらなかった。


餃子の王将大連開発区店-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)餃子は10個で13元(214円)、ラーメンは18元(296円)です。日本より少し安いですね。もちろん根性を出してローカルの店に入ればこの三分の一の値段で食べれますが、おそらくお腹が少し痛いことになるかも知れませんね。

夜の晩餐会

大連夜の晩さん会-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)夜の晩餐が始まりました。私のお腹の気を使って海鮮中心の料理にしてくれました。「ただ量がネック」、食べ残させる程に出してもてなすのが中国の文化だ。それに従ってはりきって残そう。残すのが礼儀!残して喜ばれるなんてクローン病患者にとっては有難い文化だ

うに

大連海鮮料理(うに)-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)うにです。最高に美味しかったです。口でとろける感触。そしてクローン病患者にも何となく優しそう(ほんとか?)

ヒラメの刺身

大連海鮮料理ヒラメの刺身-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)ヒラメの刺身です。涙が出るほど美味しかったです。

アワビとご飯

あわびあんかけごはん-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)大連のあわびあんかけごはんです。まぁこれも至極の逸品ですね。

海老の踊り

大連の海鮮(海老の踊り)-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)海老の踊りです。もうありえない程の甘さでした。

もったいない

そしてこれらが食べきれない程出てきます。ゆっくりと話をしながら3時間以上かけて食べます。あのぐるぐる回る中華テーブルなのですが一つの皿を開けるとその空いたところに料理が来ます。だから3時間経っても何故か料理があまり減らない恐怖の晩餐でした。大連の海鮮料理でもてなして頂いたようです。それにしてももったいないな。

とりあえず。2日目もあまりクローン病は騒いでいません(プレドニン15mg/日を飲んでるからな)
今日はここまで。
ということでその3へ続きます。


最終更新日: 2013年5月25日 all1,638hits.weekly6hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

“中国(大連、山東省)出張記その2-海鮮料理が美味しい130525” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。