クローン病でも子供作れますか?


クローン病でも子供は作れますか?

家族、子供


クローン病になると子供を作れない。と言うか、「自分の病気が心配で作れない」と「産まれて来る子供への遺伝が怖いので作れない」と言う理由があります。またクローン病が原因でうまく就労できず、結婚はしたものの夫婦で食べるのが精一杯なので子供までは。。。と言う経済事情もあるでしょう。

子供は作れる

子供そのものは作れます。クローン病だからと言って精子が衰えているとか、妊娠しにくいと言うのはありません。普通にセックスすれば普通に子供はできます。もしいくらセックスをしても子供ができないのであればそれはクローン病とは別の要因ですので不妊治療を含めて医師と相談してください。


男性がクローン病の場合

男性がクローン病で収入源であれば、経済的な心配と子供への遺伝の心配でしょう。自分の病状が悪化することに関しては奥様が健康であれば問題なし。強いて言えば奥さんに不要な心配と言うストレスをかけることでしょう。私もこのパターンです。私なんて長男が妊娠中に私クローン病悪化で入院しました。長女が生まれた翌年も入院した気がする。

女性がクローン病の場合

女性がクローン病であると言うことは、母体がクローン病と言うことです。男性がクローン病患者よりはハードルはもちろん上がります。妊娠中のクローン病のコントロールがあるからです。お腹の赤ちゃんのために栄養が摂らなければならないのにクローン病が邪魔して思うように取れない。エレンタールでコントロールしようとも下記のような注意書きがある。

外国において、妊娠前3ヶ月から妊娠初期3ヶ月までにビタミンAを10,000IU/日以上摂取した女性から出生した児に、頭蓋神経堤などを中心とする奇形発現の増加が推定されたとする疫学調査結果があるので、妊娠3ヶ月以内又は妊娠を希望する婦人に投与する場合は用法・用量に留意し、本剤によるビタミンAの投与は5,000IU/日未満に留めるなど必要な注意を行うこと。

しかし主治医としっかりと連携して元気なお子さんを産んだクローン病患者さんがたくさんいます。私の主治医のところに子供を抱いて見せにきて主治医と看護師さんと「ほんとによかったね〜」って言うシーンを見るとこちらまで何か幸せや喜びをもらった気になりますね。諦めないで、クローン病専門の主治医に相談してください。

男性も女性もクローン病の場合

さらにハードルは上がりますが、この場合は旦那さんがクローン病に負けてしまってはいけないので、無事に出産するまでは旦那さんはエレンタールで厳しい食事制限の修行と言うは如何でしょうか?。その様子を奥様が見てさらに愛が深まるかも知れません。両親共にクローン病の場合は子供絵の遺伝の確率が上がると米国のデータはありますが、これはあまり子供を作れない理由にすべきではないと私は個人的に思います。

子供への遺伝の心配

遺伝してもなんとかなる!なんとかする!と言う強い気持ちで。私も長男は21歳、長女も18歳(2017年現在)。おかげさまでクローン病は発症していません。もちろん私がクローン病のベースがあるので、ファーストフードやスナック菓子を食べる。無意味な間食は避けさせてきました。出来るだけクローン病の要素から遠ざけてきました。下痢が続いたりすると心配にはなりますが今の所は大丈夫なようです。でも彼らも自分の人生は自分で切り開く年になっています。もしクローン病が発症したとしても私と同じく乗り切ってくれるでしょう。それ以上にこの世に生まれて、彼らがこの人生で色々なことを体験したこと、そして今後も生きて体験していくことが素晴らしい。それを考えるとクローン病かどうかなんて大きな問題ではないと思います。たまたま私はクローン病になりましたがやはり生まれて今を生きているのが良かったと思っています。


クローン病の皆さん。悩むことはないです。今ではクローン病をコントロールする医学も進んでいます。


最終更新日: 2017年6月11日 all752hits.weekly38hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。