また肛門が痛いわけです。-クローン病の肛門病変101028


ブログ投稿のタイトルに肛門って書けるのはクローン病か痔のブログくらいだね。で、激しく下痢をしているわけでもないのに肛門が痛い
痛いと言っても痔瘻(ろう)とか肛門周囲膿瘍になっているわけではない(たぶん)。

クローン病患者の大半は肛門の不調を訴えます。肛門も粘膜で腸の一部のようなものだから炎症とか十分に関係があるのでしょう。


18年前の古傷

私は18年ほど前に痔瘻(ろう)をやっているわけでして。当時は若年層の痔瘻=クローン病なんて図式はメジャーでなくて、そのまま外科で開放術を受けました。要は肛門の一部を切ってくりぬく手術です。でその術創近辺が痛くなるのです。しかし無謀にもくりぬいたとは言えこの18年間、痔瘻は再発していません。いつ再発するか?って結構ビビりながらクローン病生活をしています。

しかし安心は出来ない

しかし安心はできません。クローン病である限り、特に直腸付近に炎症がある場合は危険度満載ですよね。そしてレミケードをしていようがなる時はなる!これがクローン病の恐ろしいところです。はぁ~座っていると痛い。と言って立っていても痛い。これが普通の痔の違うところだな。


最終更新日: 2013年1月31日 all552hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。