鱧(はも)は栄養もあってクローン病患者にはいいかも100416


今日も大阪は寒くておまけに雨で。まぁ明日から暖かくなるらしい。今日は鱧(はも)を食べました。鱧の湯引きはお腹にもやさしくクローン病に適した食材でしょう。でも骨が硬いので間違えて飲みこまないように注意ですね。関東ではあまりメジャーではない魚ですが、関西ではスーパーに置いています。消費量は関東の鱧消費量は関西の十分の一程度であります。


鱧は美味しいぞ

からし酢みそか梅肉で

鱧だけだとあまり味がしなく美味しくないので、からし酢みそをつけて食べるのが主流です。からしが心配な方は梅肉で。どちらもそれなりに美味しいです。赤だしに入れても結構イケます。


鱧は栄養がたっぷり

なんか白く味気がなく感じる鱧(はも)ですが実は栄養はそこそこあるようで、ビタミンAやB2そしてカルシウムなど豊富です。特にビタミンAやB2は眼や皮膚の健康には必要です。特にビタミンAなんて1切れ食べれば1日に必要な量の半分は補える。だからクローン病患者にいいんじゃない?とか勝手に見た目で判断しているのですが、実はすっごく脂質が高いと消化が悪いとか思わぬ罠があるののかな。

体調は

今日はちょっと右下腹部が痛かった。それはきっと朝からローソンLチキを食べたからか?非常に美味しかった。やはりたまにはイケないものも食べてみたい。でもレミケードをする以前はこんなものを食べようとする発想すらなかった。食べようと思う気が出るだけ凄い。


最終更新日: 2017年7月1日 all1,006hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。