クローン病が悪化!急性腹膜炎で緊急手術-クローン病 手術070411


病院へ運ばれて、腹部単純レントゲン、CT検査等を済ませて、腹部単純レントゲンではあきらかに腸閉塞像が出ているで即入院。まずは内科の病室に入り横になっていた。


内科医師が来て

内科医師が来て今の状況を説明してくれた。イレウスチューブを入れるかどうかはCTの結果を診てから判断すると。腸閉塞なのでとりあえず2週間は入院して腸管を休めましょうと。イレウスチューブは嫌だけど、この痛みから解放されるなら何でもいいや。と内科医師と話している時に救急医師がCTの結果を持って来た。。


穴があいているかも

救急医師が内科医師と私に「解りにくいですがエアが見えます」。これは腸が穿孔している可能性があります。簡単に言えば一回お腹を開けて診た方が良い。と。。もう少ししたら血液検査の結果も出てくるので結果が出たらすぐに来ます。と去って行った。

外科医師が来た

ほどなく医師が戻って来たのですが、来たのはさっきの内科医師ではなく違う医師、名札を見ると「外科」になっている。ということは。手術前提!?血液検査の状況もかなり悪く内科的に様子を見るはあまり得策ではないと説明された。とりあえず少し考えさせてくださいと言った。外科医師は私達はいつでもスタンバイしていますから決意されたらいつでも言ってください。と言って出て行った。

もう無理

少し考えながら我慢していたけど。もう無理。この痛みから解放されるなら手術でも何でもいいや。家内に手術をお願いして来てくれ。と言った。すぐに麻酔医が来て準備開始。血圧が上が80で状況が悪い。術後の痛みを緩和する硬膜外麻酔が使えないけど、緊急なので手術の踏み切ることに。このあたりからあまり覚えていない。


最終更新日: 2013年2月2日 all1,803hits.weekly8hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。