クローン病とラーメン-クローン病 あこがれ食100404


ラーメン-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)04月02日にレミケード投与(8回目)を受けて、昨晩も下痢で起きることはなしでした。そして今朝ですが、便意を感じてトイレに行きました。すると便が固まってきました。しぶり腹もかなりマシです。レミケードとプレドニン(15mg)のコンボは凄い!。と喜んでもこれが長持ちしないのが辛いですね。クローン病患者の人と話していたら「ラーメンが食べたい」とよく耳にします。やはりラーメンはクローン病患者の憧れですか?、そういえばアメリカではマクドナルドで食べることが出来なければQOLは上がったとは言えない。と言う思いっきりな考えがあると聞いたことがあります。とりあえず日本ではラーメンを食べることが出来なければQOLが上がったとは言えない!となるのですかね。
この記事も2013年01月に見直していますが、今日時点で5000件以上も読まれているということは、やはりクローン病患者はラーメンが食べたいんだ!と勝手に決めつけています。


毎日レミケード投与していたい。

今日のお昼はラーメン

今日はお昼にラーメンを食べました。醤油ラーメンですがやはりラーメンは美味しいですね。至極のお昼でした。で。よく考えたらラーメンって何故クローン病にダメと言われているのでしょう。と考えてみたお話。


脂分がギトギトだから?

確かに豚骨ラーメンやあぶりチャーシューなどと言うラーメンは脂が多いのでダメなのだろうとわかりります。しかしあっさり醤油のラーメンで具もネギとか無難なものなら比較的大丈夫じゃないのか?きつねうどんと大して変わらないだろうが!とか勝手に考えています。

かんすいが悪いのか?

ラーメンの独特の食感と風味を持たせるために麺に添加されている「かんすい」が良くないと言われています。でも。。。なんで「かんすい」がイケないの?炎症を誘発する物質なのか?消化が悪くて狭窄に詰まるのか?かんすいについて調べてみると。

【wikipediaより】
天然成分としてのかんすいは炭酸ナトリウムで食品添加物として販売されるものについては、炭酸カリウムやポリリン酸カリウム。

炭酸ナトリウムはベーキングパウダーにも使われていますが、炭酸カリウムはなんんか少し毒っぽい感じ。炭酸ナトリウムのかんすいを使ったラーメン求む!って感じか。。あまり現実的じゃない。

あまり神経質になってもね

うどんも麺を白くするために原料の小麦粉漂泊する薬を入れているとか。(これは昭和後期までのお話で今は漂白されていません。)
あまり神経質になりすぎては何も食べれなくなってしまいます。やはりクローン病の基本は自分に合う食材とそうでないもをしっかりと見極めるのが一番です。
実際に「俺、肉はイケるのですが、ハンバーグは一撃アウトなんですよ」って人もいますから。
やはり自分の食べたものそしてその後を記録するのが一番!。

結局ラーメンの話は解決してないじゃん



最終更新日: 2017年7月1日 all3,966hits.weekly15hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

“クローン病とラーメン-クローン病 あこがれ食100404” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。