レミケード投与から一ヶ月が経ちました-抗体治療090726

test

レミケード投与を始めて1ヶ月が経ちました。当初から比べればずいぶんマシになりました。2007年04g月にクローン病による小腸の狭窄部から穿孔を起こしてそこから腸間膜に膿瘍を作りました。それが破裂して膿瘍の膿がお腹の中にばらまかれて急性腹膜炎を起こしました。敗血症になり播種性血管内凝固症候群(DIC)まで合併しました。緊急手術とその後の処置が功を奏して、一命はとりとめ手術後も順調の経過しました。

そしてその2年後の2009年04月、手術でつなげた部分からクローン病が再燃(再発)しました。

そこそこ食事制限していた

2007年の手術後も食事には気を付けてクローン病には良くない食事は避けてきました。エレンタールやラコールを主にそこそこ厳しい食事制限に取り組んできたつもりです。

治療の限界

そこでエレンタールやラコールの食事制限だけの治療に限界を感じました。レミケード等の先進的な医療要は最新治療を受けてみたいと感じたわけです。抗体治療がどんなものか?は不安でしたので、その道に詳しそうな北野病院の伊藤裕章先生を訪ねました。そもそもレミケードはリウマチの治療からスタートしクローン病治療に応用されています。クローン病もリウマチもtnf抗体(tnf-α)が関係しているのですね。

近況

食べた後はお腹が張るもののおにぎりやそうめん等は食べれるようになりました。何かを食べただけでも痛みがあったのですが、今はかなりその痛みもマシになりました。大きく変わったのは下痢が少なくなったということです。もともと私はS状結腸にも狭窄があるのでもともと便も細かったのですが、細いなりに普通の便になっています。どうやらレミケードはそれなりに効いているようです。

※注 伊藤裕章先生は2010年に北野病院を退職されて錦秀会 インフュージョンクリニックを開院されました。炎症性腸疾患専門のクリニックです。

最終更新日: 2013年1月13日 all1,166hits.weekly5hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください
日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*