今井はーとクリニックへ行く-循環器科140222


年明けから心臓がおかしい!不整脈だ!期外収縮だ!動悸・息切れ・めまい・救心だ!と騒いでおりました。
前回(02月03日)のクローン病診察でインフュージョンクリニックの伊藤院長に循環器のことを相談したら精神安定剤のアルプラゾラムで心臓の症状が治まるのであればストレスや多忙にから来るんじゃないの?となっており、丁度、アルプラゾラムが切れるので同じ精神安定剤であるデパスを処方してもらいました。これも結構、効いているようですが何かあったら嫌なので循環器の専門クリニックへ行って来ました。

今井はーとクリニック

今井はーとクリニックは大阪は堺市の北野田駅近辺にある循環器専門のクリニックです。なかなか良い先生でした。年明けから経緯をお話しました。心電図や胸部レントゲン、そして心音の検査をしました。

やはりなにも出ない

心臓に雑音はありません。レントゲンも異常ないです。心電図も綺麗な波形です。おそらくインフュージョンクリニックの先生の見立て通りで心因性から来る不定愁訴のようですね。現段階の診断ではそうなります。もし心筋梗塞であればもちろん年明けからどうのこうのと言う悠長な状況ではないし、狭心症ならば比較的に強い痛みが数分間続くことが多く、あなたが言うようにダラダラとおかしいということはありません。デパスで楽になるのであればデパスを引き続き飲んでくださいとなった。

心臓エコー検査

人間の体なので100%そうだ!とは言えませんが今の状況を見る限りは心臓に重篤な病気はありませんとの診断ですが、03月18日に心臓超音波検査を受けることになりました。と言うか私が検査をお願いしました。先生は「安心も治療ですから検査しましょう!」とにこやかに言ってくれました。

今回は今井はーとクリニックに行きましたが、診断や状況をしっかりと説明してくれました。なんとも頼もしい先生でした。

しばらくはストレスとの闘い?

でもこの心臓というか循環器というか、この不快感がストレスが要因としたら本当にストレスってなめちゃいけませんね。今井はーとクリニックの先生もおっしゃっていましたが、「自分はストレスに強い!」と思い込んでいる人が危ないらしいです。

潜在的に鬱状態

自分はストレスに強い!と思い込んでいる人ほど潜在的に鬱状態になっていても、なんでも「疲れているせいかな?」と片づけてしまう。でも趣味に意欲がなくなったり、なんとなく面倒くさくなったりするのは「実は鬱症状である」ことが多いようです。本当に疲れていると泥のように眠れますが、心が疲れている場合は眠りも浅く気が高ぶっている場合も多いので気づかない間に静かに精神を蝕んでいる場合もありますのでご注意を


最終更新日: 2014年2月23日 all1,265hits.weekly2hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。