天体観測-110719


普段はあれこれ欲しいとあまり言わない長男(中3)が久しぶりに欲しいと言った。天体望遠鏡である。夏休みの宿題で天体観測をしたいらしい。私も昔は天体望遠鏡の彼方に見える光に無限の想いを馳せたものである。もちろん数千円でも売っているけど、はっきり言って使い物にならない。月を観察するくらいならいいけど、土星の輪や木星の縞を見たいならばそこそこものを買わなくちゃならい。入門ベースでは定価ベースで5万円から6万円あたりが妥当なところである。


組立

注文したら早速来たので組立である。極軸を北極星に合わせる原理や基本的なことを教えた。死ぬほど広い空から目的の星を見つけるのは最初は結構、根気がいるものだ。星は同じ季節に同じ時間に同じところにいるので、あきらめないで探せば必ず見えるってこと。

それにしてもでかい

それにしてもでかい。まぁこれぐらいの大きさであればそこそこ見えると思います。これで天体にさらに興味を持って、さらに上位機種が欲しくなり、人生を彩る趣味になってくれればいいと思う。今年の夏は少し星が綺麗に見える場所に行って星を見ながら彼と未来を語ろうと思う。


最終更新日: 2011年7月19日 all229hits.weekly0hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。