クローン病患者が選ぶ食材について


クローン病患者が選ぶ食材

クローン病の食材


クローン病は食べ物にかなり密接する病気です。食べる食材によっては一撃悪化(再燃)することもあります。クローン病のサイトやブロクにはクローン病患者が食べても良い食材、食べてはダメな避けるべき食材を詳しく説明されています。ブログによっては献立やレシピなども解説されておりますので参考にされると良いでしょう。特に女性のクローン病患者のブログでは女性ならではクローン病患者に工夫したものもあります。

個人によって違う

ただ同じクローン病と言っても食べれる食材は大きく変わります。ある人はご飯(米)はオッケーですが、パンはダメ。反対にパンはオッケーだがご飯(米)はダメがあります。普通に考えるとショートニングやバター類の多いパンはダメだろ?と考えるのですが、必ずしもそうではないと言うことがこのクローン病の難解な部分です。さすがにお肉はオッケーだけど魚だと調子が悪いと言う人は今の所はお会いしたことはありません。


まず自分は何に弱いか知る

まず自分はどの食材や調理法に弱いかを知ることです。「食べたら一撃で下痢や腹痛をするもの」「食べ続けたら調子が悪くなってくるもの」できればメニューの名前だけではなく、入っていた食材や調理法を記録しておくことが一番。カレーでもハウスバーモンドカレーならイケるけど銀座カリーではダメでした。もあります。またその時の体調にもよります。全く同じ食材でも調子が悪化する時としない時があります。クローン病の食材の選択は複雑なのです。結局はエレンタールで過ごして食べないのが一番!と言う理不尽極まりない病気なのです。

なるべく単品で過ごす

私の場合は「素うどん」や「そうめん」や「卵がけご飯」はいくら食べても大丈夫なようです。普段はこれらの大丈夫と言ったものを中心にそればかり食べています。もちろん付き合いや外食もあるので時には「クローン病には絶対にダメだろ」と言う食材も口にすることもあります。それで調子を崩してしまう自業自得な面もあるのですが、このクローン病は厳密な食事制限をしていても「治る」ことはありません。ただ「悪化を遅らせる」と言うことです。だからクローン病患者はいくら食事に気をつけていても治ることはなく遅かれ早かれ調子が悪くなったり、再度手術になったりします。それをどれだけ遠ざけるか?が勝負です。

クローン病は個人差がある病気

クローン病の症状や状況は各患者によって大きく変わります。「治らない」や「悪化へ進む」と言うのは同じですが、出てくる症状や腸管外合併症も違います。よって食べれる食材も大きく変わります。ただ低脂肪、低脂質、低刺激は変わらないようです。また一部では食品の添加物がダメなのでは?もあります。是非とも自分にあったクローン病食事ライフを見つけてください。

体調の記録

久し振りの体調記録だなぁ(^^
昨日から少し調子悪い気味です。
昨日は夜中3時頃下腹が痛くなり下痢しました。今日の朝からも少し下痢モードです。急に寒くなったからかなぁ…
今日は栄養剤すら飲んでいないなぁ。


最終更新日: 2017年9月18日 all344hits.weekly4hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。