レミケードが効いているのをいいことに激しく食べた-クローン病101114


先週の前半はレミケード投与の翌日からイレウス症状で悶絶でしたが、ようやく脱出しました。レミケードかしっかり効いている前半約4週間は比較的食べることが出来ます。特に最初の2週間は少々手荒なものを食べたりしても大丈夫です。(カレーはダメね)、写真はなっちゃん洋なしコンポート。これが結構美味しい。エレンタールもこの味なら素晴らしいんだけどね。となるとエレンタールをどんどん飲んで栄養状態が良くなって、レミケードも8週しっかり持って医療費も抑制される!てなわけないか。。


味噌ラーメン

昨日のお昼は味噌ラーメンでした。久しぶりのラーメンです。

うどんすき

夜はうどんすきです。やはりうどんはいいですね。えのき茸が少々危険な気もしますがなんとか詰まらずにイケましたのでえのき茸を通す程度の狭窄ってわけですね。でもこれを調子悪い時にすると詰まってしまいます。微妙な細さなのですね。

マクドナルド

そして極めつけは本日のお昼です。そうクローン病患者では少し難関とされているマクドナルドです。えびフィレオ(388kcal 脂質15.8g、チキンフィレオ(431kcal 脂質19.6g)、マックフライポテト(454kcal 脂質24.2g)、完全にアウトな脂質量ですね。さすがにマックフライポテトの大半は濃すぎて残してしまいました。食べてから4時間経過。今のところ無事です。

ここで調子に乗ると

ここで調子に乗ると痛い目に遭います。しばらくはエレンタールやラコールそして軽いもの1食で過ごす日々です。レミケードを過信してこれを続けると3週間くらいでレミケードの効力よりクローン病の病勢が勝ってしまいステロイドのお世話にならなくちゃなりません。ただでさえ大人しくしていてもお世話になることがあるのに。

何を言いたいか

生物製剤、抗体医薬の是非は別として、レミケードが現れるまでは、そこそこ年季が入ったクローン病患者がこのようなものを食べることは夢か博打だったのです。それが日常ではないにせよ、時期を見計らえば食べることが出来るようになりました。まさに希望の一つが実現したってことでしょう。もちろんレミケードも中和抗体の問題でこの効力は永遠ではないかも知れません、しかし希望は今日を明日につなげたい。

ご注意
この記事は私の主観的な部分で掲載されていることもあります。クローン病やその他の病気は個人差があります。よってこの記事は参考情報程度にとどめて頂き、主治医や薬局、薬剤師の指示や判断でお願いいたします。


最終更新日: 2017年7月1日 all1,463hits.weekly1hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。