プレドニン(ステロイド)の副作用-速度感覚の異常


私が感じるプレドニン(ステロイド)の副作用でないか?と思われる症状に速度感覚の異常があります。かなりレアなケースかも知れません。最初は偶然とか気のせい?とか思っていましたが、プレドニンを開始するとその症状が現れます。20mg/日から初めて7日目くらいで症状が見え始め10mg/日ぐらいまで減量して10日間あたり経った頃に消えます。5mg/日ではあまり感じません。過去4回連続これを感じているので私の体にはビンゴ!なんですね。どのような感じかと申しますと。




体感速度が遅く感じる

私は通勤で車を運転します。運転歴も25年となると毎日走っている道路は景色の流れ等の視覚で速度を感じます。概ね体感速度と速度計のメータは合っています。しかしプレドニンを飲んでいると高速道路を走行中に体感速度が80km/hぐらいだろう感じていても速度計を見ると100km/hです。一般道でも60km/h程度だろうとか感じていても速度計を見ると75km/hとかなっています。

新幹線に乗っても

今回の東京旅行で新幹線を利用しました、出張でも新幹線を利用しますが、車窓から見る景色の流れを見ても「今日ののぞみ遅い?」とか思います。プレドニンを飲んでいない時は「いつもの車窓の流れです。」これは京都、米原間で顕著に感じます。

要は危ない

要は危険なわけです。だからプレドニンを飲んでいる時はマメに速度計を見て運転しています。以前乗っていたプリメーラはある一定の速度を超えたら警告が出るように設定出来たので80km/hを超えたら警告が出るように設定していましたが、今のアクセラにはそのような機能はないようです。プレドニンでこんなケースは非常に少ないと思いますが、どちらにせよ安全運転は一番の健康法です。


最終更新日: 2010年8月16日 all1,477hits.weekly12hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

日本ブログ村へ投票 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。