右下腹部が痛い-クローン病 症状100407


下痢は治まっています。と言うか今日は1回もトイレへ行っていません。レミケード+プレドニン(ステロイド)15mgが完全に効いています。
それはそれで有難いのですが、どうも右下腹部の狭窄部分が痛い
詰まった感というか腫れた感と言うか。もちろん寝込んだり会社を休むほど痛くはないのですがシクシクする痛みで気が散ります。
右下腹部の痛みと言うのはクローン病の典型的な症状で初期に出るとも言われます。それよりスタンダードのなのが虫垂炎です。俗に言う盲腸ですが、これも右下腹部が伴います。
右下腹部で病院へ運ばれて虫垂炎と診断されて手術したけど「実はクローン病」だった。と言うのもよく聞く話です。
手術までいかなくても抗生物質で経過観察と言うのもあります。これがまた初期のクローン病では痛みが治まってしまったりしてクローン病の発見が遅れることもあります。

若い人の痔瘻(じろう)や右下腹部痛はクローン病を疑え!って言うのが内科医の間では普通にはなってきているようです。ただ診断がされやすくなっただけで治りやすくなったわけではないので結果はあまり変わりません(涙)
ただ早く診断がついて適切な処置がされれば入院や手術をかなり先送りに出来るのも事実です。

現在の状況

明日からプレドニンが15mg→10mgに減量です。25mg→15mgに減量した時も体調を崩したので少し不安です。
ただラコールと夜1食で過ごしているので痛みは減少傾向です。やはり食事制限もしっかりとしないとクローン病はコントロールが難しいですね。エレンタールラコールで過ごして出来るだけ腸の安静に心がけるわけですが、エレンタールは成分栄養剤なのでそれなりの効果がありそうですがラコールは半消化態の経腸栄養剤なので別にラコールの変わりに「うどん」でもいいんじゃないか?と思うこともあります。
エレンタール=甘い。ラコールも甘いのでなんとなく塩気が欲しいじゃないですか。

ムーンフェイス

私は今の所、ムーンフェイスは出ておりません。
かれこれプレドニン(ステロイド)を一ヶ月近く飲んでいますがこれと言った副作用は出ていません。
あえていうなら食欲が出てくるので困るぐらいです。

プレドニン(ステロイド)の初期の出る副作用としてムーンフェイス(満月様顔貌)があります。これはプレドニン(ステロイド)の影響による中心性肥満からくる脂肪沈着からおきます。
プレドニン(ステロイド)の長期間大量使用では必発と言われており、比較的に初期に出ることも多いので特に女性の方は嫌がります。


最終更新日: 2013年6月16日 all2,326hits.weekly3hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。