Precision Touch BT(タッチパッド)が良いかも。


iMacを叩き売ってwindows10マシンを5月ごろに買いました。もちろんApple信者をやめたわけではなくノートはMacBook Proですし、iPad Proですし、スマホはiPhone11 Pro MAX、Apple WatchもSeries 5のステンレスケース セルラー版です。Watch HERMESにしてやろうか!とも思いましたが、長く持って3年間くらいだろうから辞めました。デスクトップのiMacを離れたのですが、困ったのはトラックパッドが使えなくなったこと。しばらくMagic Mouseを無理やり使っていたのですがWindowsマシンとMagic Mouseが合わないこと合わないこと。実はMagic Mouseは使いにくいんですよ。デザインはかっちょいいけど、使い勝手は悪い。一時期ペンタブをマウス代わりにしたけど。イマイチ。そこでWindows用のトラックパッドを探すことにした。
で見つけたのは
ARCHISS PrecisionTouct BT と言う国産のタッチパッド。価格が5,000円くらい。





Precision Touch BT 開封

2日後に届きました。日本製かぁ。でもだいたいこういったデバイスは中華製がほとんどです。日本製ということで価格は少々高めの5,000円ですがはずれでもあきらめが付きます。レビューを見てあれこれ悩んでも時間の無駄なので、まぁそんなにボロクソ評価じゃなければ良いでしょう。箱はなかなか綺麗で、附属品はUSBケーブルのみ。




意外と良いかも知れない。

接続はbluetoothです。Windows10の設定で問題なく認識しました。





認識が終わるとWindows10の設定から色々と設定ができます。




Macのトラックパッドとはいかないけどな。

ARCHISS PrecisionTouct BTですが、それなりに使えます。スクロールやドラッグアンドドロップも問題なしです。ブログを書くにも不便はありません。
ただ、さすがにMacのトラックパッドと同等とは言えません。それぐらいMacのトラックパッドは秀逸です。マイクロソフトもあれぐらいのトラックパッドを作れ!って言いたいですね。でも使い始めて一ヶ月ほど経ちますが、今も使い続けています。クソトラックパッドを買ってしまった!投稿にならなくて良かったです。

タッチパッドのボタンが便利

タッチパッドにはステータスと機能が割りあてられています。bluetooth接続かUSB接続か、右クリックしっぱなしモードか左クリックしっぱなしモードか。機能のボタンは進むや戻る、右クリック、中央ボタン、左クリックがあります。ちなみにMacのトラックパッドに慣れている人はこれらのボタンはあまり使わないかも知れません。




充電はUSBケーブルで

充電式なので電池は不要です。電源スィッチもあるのでON OFFが出来ます。付けっぱなしが気になる人には良い設計ですね。
とりあえず、少し衝動も混じって買ったARCHISS PrecisionTouct BTですが、なかなか使えています。Windows用タッチパッドを探している方は候補に入れてみてはいかがでしょうか。

相性が良いタッチパッドを見つけたのは良いけど、使いにくいMagic Mouse問題は解消していません。さぁマウス探しだ!





最終更新日: 2020年8月12日

初版投稿日: 2020年8月11日

all172hits.weekly5hits.


ブログランキング参加しています。

ブログランキングでは同じクローン病と闘っている方のブログがたくさんあります。是非ともお立ち寄りください

にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ 人気ブログランキングへ投票

“Precision Touch BT(タッチパッド)が良いかも。” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパムを防ぐため画像の通りに入力して下さい。