ん?掌蹠膿疱症?-体記120424

ん?このタイミングで掌蹠膿疱症の再発?なんとなく手のひらの皮がおかしくなって来ています。2010年の春頃に掌蹠膿疱症の初発みたいな感じになって、2011年の春はさらに悪化したっけ。春は色々と目覚めてくるのか?。また派手になったらステロイドの軟膏にお世話になるわけで。


“ん?掌蹠膿疱症?-体記120424” の続きを読む

忽然と消えた掌蹠膿疱症とか。

クローン病の合併症か?はたまたレミケードの副作用か?は定かではありませんが、2009年あたりから急に出だした掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)ですが、昨年の夏あたりから忽然と消え去って再発していません。一時期は両手の手のひらと両足の裏の皮が激しく剥けていましたが、消えました。同時に尋常性乾癬の皮膚症状も沈静化しています。皮膚の湿疹や痒いのは相変わらず出ますが、私の皮膚疾患の二大巨頭である掌蹠膿疱症と尋常性乾癬が消えただけでありがたい。一時は膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)とまで言われた症状ですが消えました。なんなんだろう?このままクローン病も消えてくれればいいのに。


“忽然と消えた掌蹠膿疱症とか。” の続きを読む

蕁麻疹と闘う-体記110817

朝起きたら少し蕁麻疹はマシになっていた。ナイスステロイド!って喜んでいる場合ではありません。薬の効力が切れたのか?昼過ぎからまた増殖して来た。一体何に反応しているんだ?写真の綺麗なブルーの薬はアンテベート軟膏とアズノール軟膏の混合です。アンテベート軟膏はステロイド軟膏の中ではVery Strong(かなり強い)(II群)に分類されています。本当は蕁麻疹ではステロイド軟膏は使わずに抗アレルギー剤を飲むことが多いですが、私は炎症性の何かでまったくそれらが効かないのでステロイドのお世話になっています。要は成人性のアトピー、尋常性乾癬、膿胞性乾癬が埋もれているからです。もちろんクローン病の合併症の可能性も捨てきれないです。皮膚科も「わかんね」状態です。


“蕁麻疹と闘う-体記110817” の続きを読む

体中が痒い-体記110809

体中が痒い。レミケードの影響なのかクローン病の合併症なのかはたまたまったくそれらに関係がない次元で起こっているのかはわからない、でも体中が痒い。特に膝から下あたり気になる。皮膚に変化があったり何かがあればそこにステロイドの軟膏でも塗りたくってやるのだがイマイチどこが痒さの原発かわからない。とりあず手当たり次第に掻いてしまえ!と言うノリになっています。


“体中が痒い-体記110809” の続きを読む

体が痒い-体記110411

体が痒いです。なんでしょう。手の甲にもブツブツが出来たりしてよく解りません。アレルギー?。クローン病とは関係はなさそうですけど。皮膚も粉っぽくなっています。もしかしてレミケードの影響かも知れません。とりあえず。赤いブツブツのところにはステロイドの軟膏でも塗っておこう。
“体が痒い-体記110411” の続きを読む

掌蹠膿疱症はどうなった?-問合110110

年末に頂いたお問い合わせ。しばらく放置でしたすみまん。「最近は掌蹠膿疱症の具合はいかがですか?」と言う内容。です。どうもありがとうございます。掌(てのひら)は写真をご覧のとおり綺麗?な状態です。皮がめくれたりもしていません。手だけを切り取ってバックを黒にすると少し気色悪いですね。で手はこんな感じですが足はどうかと言うと。


“掌蹠膿疱症はどうなった?-問合110110” の続きを読む

総括-2010年ラスト

2010年の体調総括です。
2010年はなんと言っても03月から思いっきり崩れたこと。実は前触れは2009年末から起こっていましたが。レミケード切れによる激しい下痢の年とプレドニン(ステロイド)にどっぽり浸かった年でした。イレウスもちょくちょく起こしては寝込んでいた気もします。


“総括-2010年ラスト” の続きを読む

レミケードで皮膚症状も落ち着く-体記101115

レミケードを投与して掌蹠膿疱症や尋常性乾癬っぽい皮膚症状も落ち着いて来ました。これらの皮膚症状は2009年のレミケード投与以前はなかった症状です。レミケードによって呼び起されてレミケードによって眠る。レミケードの副作用なのかレミケードによって体内の免疫系統が狂ったか?そもそもそう言った皮膚症状が発症する時期だったかは解りません。


“レミケードで皮膚症状も落ち着く-体記101115” の続きを読む

掌蹠膿疱症の治療で皮膚科へ(乾癬様皮疹って)-レミケード 副作用100817

なかもず駅前クリニックセンター-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)今日はお盆休み最終日、皮膚科へ行きました。アトピー性皮膚炎だ!掌蹠膿疱症 だ!尋常性乾癬 もあるかも?膿疱性乾癬の疑いも?いやいやレミケードの副作用である乾癬様皮疹だろう?とか色々と言われて今のところはアトピー性皮膚炎掌蹠膿疱症の診断となっています。


でもレミケードの副作用による乾癬様皮疹(かんせんようひしん)の疑いも捨てきれないとのこと。



今はかなり落ち着いています。


“掌蹠膿疱症の治療で皮膚科へ(乾癬様皮疹って)-レミケード 副作用100817” の続きを読む

10回目レミケード投与後4日目に皮膚症状が忽然と消え去る-クローン病100620

06月16日に10回目レミケードを投与しました。本来の予定は06月26日だったのですが、激しく調子が悪化したので前に倒して投与です。丸5週間できっちり効力が弱まります。投与して4日目、下痢は治まっています。下痢便も軟便になって来ています。肛門の痛みもずいぶんマシになりました。ただ直腸、S状結腸の炎症が要因と思われる粘血便は出ます

皮膚症状が治まってくる。

尋常性乾癬とか膿疱性乾癬とか騒いでいた皮膚症状ですが、忽然と消えました。レミケードが効いたようです。乾癬にレミケードが効くので素直に反応したのでしょう。と言うことは、これらの皮膚症状は乾癬の可能性が高いということですね。あと5週すればまたレミケードの効果は弱くなるのでどうなるか解るでしょう。レミケードの副作用で皮膚疾患が出ているのか?皮膚疾患はもともとあってレミケードで抑えているのか?わけがわかりませんね。

“10回目レミケード投与後4日目に皮膚症状が忽然と消え去る-クローン病100620” の続きを読む

肛門痛

記事のタイトルにいきなり「肛門痛」は如何なものか?と思いましたが、肛門が痛いのです。肛門の廻りと言うより肛門の内側です。クローン病患者の80%になんらかの肛門病変があると言いますが、私は痔瘻(じろう)もやっております。下痢状態であるのが追い打ちをかけて結構な痛さなのです。痔瘻(じろう)再発か!?と少しビビっております。

とりあえず調子が悪い

体のブツブツ、下痢、肛門痛、そして倦怠感。今朝は会社を休むか昼から帰ってこようと思ったくらい、キツかったです。夕方になり少しだけ倦怠感もマシになりなんとか仕事は終えました。

“肛門痛” の続きを読む

膿疱性乾癬の疑惑-レミケードの副作用?100612

膿疱性乾癬(疑惑)-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)の疑いが濃くなって来ました。尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)かな?と思っていましたが、尋常性乾癬がないところに膿疱がポツポツと出てきています。それもあちこちに出だしています。汎発性膿疱性乾癬になってしまうと発熱や色々な全身症状が出るようです。予後不良な場合は死亡例もあるようですね。


なんか怖くなって来たぞ!

膿海

膿海?-時事戯言!炎症性腸疾患(クローン病)膿疱性乾癬の症状を見ていると、膿疱が多発すると合体して膿海を形成することがあるそうです。写真は6個程の膿疱が合体した足の部分です。こんなのが数か所展開しています。そして日々ポツポツと展開しています。

“膿疱性乾癬の疑惑-レミケードの副作用?100612” の続きを読む