あまり酷くならない-体記110723

test

朝少しトイレの時にお腹が痛かったですが、その他は無事です。やはりレミケードのチカラは若干切れているようで、血が少し混じったりします。昨日と一昨日と冷房ナシで寝ました。やはり朝の怠さはかなりマシです。とりあえず明日は日曜日なのでゆっくり眠るとします。ただちょっと少しブツブツが出来て痒い


“あまり酷くならない-体記110723″の続きを読む

掌蹠膿胞症は無事!?-体記110717

test

今日も午前中は冷房停止。確かに暑いけど体の怠さがマシ。でもなんか微熱っぽくなってきたので午後から冷房稼働。気持ちいイイでも体がおかしい。レミケードを投与して5週を超えてくると、掌蹠膿胞症のように手のひらがエラいことになるのですが、何故か今回は今の所無事。おまけにうんこも少し固まって来た。何かがおかしい。もう抵抗する勢力も残っていないのか!?


“掌蹠膿胞症は無事!?-体記110717″の続きを読む

ん?体調おかしくなって来た?-体記110712

test

さてそろそろレミケード切れのカウントダウンです。なんとなく体がおかしくなって来た気がします。まぁイレウスになるわなので十分調子が悪いか。そろそろ手足の皮がめくれてくる頃かも知れない。おまけに喉が痛い。風邪か?夏に喉が痛くなる風邪ってあるのか?それともクーラーで喉がやられた!?。いや土曜日のAKB48の合唱か!?まぁいいや。


“ん?体調おかしくなって来た?-体記110712″の続きを読む

掌蹠膿胞症の掌の部分は治った-体記110703

test

掌蹠膿胞症の掌の部分は完全に治ったようです。現在ステロイド軟膏離脱中です。ビオチンも頑張って飲んでいますが、やはりレミケード投与で治まるようです。もちろんレミケード投与の本来の目的はクローン病です。クローン病の影響で掌蹠膿胞症になったのか?レミケードで何かがこじれてレミケードが切れたら掌蹠膿胞症になっちゃうのかわかりません。


“掌蹠膿胞症の掌の部分は治った-体記110703″の続きを読む

腰と坐骨の痛みが取れない-体記110627

test

腰のあたりと坐骨のあたりの痛みが治らない。ジワーッと痛いと言うか。動作に関連なく違和感や痛みがあるので恐らく内臓からだと思います。やはり腸管かな。クローン病独特の腰痛ってあるのですよ。そして一旦、こじれるとそこそこ長い間、苦しむことになります。座っていてもじわじわ痛い、寝ていてもなんとなく違和感です。


“腰と坐骨の痛みが取れない-体記110627″の続きを読む

臨床調査個人票-日常110624

test

前回のレミケード時に今年の特定疾患受給者票の継続申請のための臨床調査個人票をくれた。早い。合併症に「掌蹠膿胞症」が増えているぜ。今月の給与明細に市民税、府民税の税額決定通知書が入っていた。これで役所へ申請に行ける。恐ろしく早い。それにしても年収が700万円を割り込んだまま。リーマンショックの痛手から抜け出せないな。これからも下がることはあっても上がることはないかも知れない。長男が来年から高校生になるので色々と入用なんだが。と言っても高校の学費は無料化になったんだったな。少し安心。


“臨床調査個人票-日常110624″の続きを読む

足の裏の皮が派手にムケル-体記110529

test

足の裏の皮膚がボロボロになって来たぜ。レミケード投与でマシになって来てレミケードが切れてくるとボロボロになって来る。この掌蹠膿胞症はレミケードの副作用と言うよりやはりクローン病の合併症なのか?とりあえず。フルメタ軟膏+10%サルチル酸ワセリンのお世話になるか。ステロイド軟膏離脱の期間が短いな。無心で皮をめくってみたら血が出てきたよ。。いらんことするんじゃなかった。歩くと沁みる。
“足の裏の皮が派手にムケル-体記110529″の続きを読む

掌蹠膿胞症が治まってくる。-体記110505

test

05月02日にレミケードを投与して下痢は止まりました。おまけに掌蹠膿胞症も急速に沈静化しております。手の膿胞は消え去り皮もきれいになってきました。クローン病の症状もすこしずつ改善されていくかな?確かに微熱感や倦怠感はなくなった。ただ右下腹部の詰まり感はまだ残っています。


“掌蹠膿胞症が治まってくる。-体記110505″の続きを読む

下痢ってますよ-体記110501

test

下痢っています。皮膚症状の対処のために飲んでいたプレドニンを離脱したので余計に下痢が激しくなっています。昨晩も5回くらい行ったかな?12回/日くらいになっています。明日はレミケードなんでこの下痢も止まる方向に向かうでしょう。ただ倦怠感が。すごく風邪ににた感じなのですが風邪ではありません。クローン病の炎症によるものでしょう。明日もそこそこのcrpを叩きだせそうです。ただ皮膚症状が改善の方向へ。


“下痢ってますよ-体記110501″の続きを読む

プレドニン-日常110422

test

プレドニンだよ。そうステロイド。今回はクローン病じゃなくて皮膚。派手に掌蹠膿疱症と尋常性乾癬みたいなものが出たぜ!って言っておりましたが、手の甲が腫れたように赤く膨れ上がってきました。あと腰のあたりとかお腹のあたりも。皮膚科によるとさすがにステロイドの軟膏と言うより内服して一旦症状を抑えた方が良いとなりました。


“プレドニン-日常110422″の続きを読む

痒い-体記110418

test

足の裏が非常に痒いです。裏?いや横?指。わからないとりあえず痒い。特に左足。膿胞でまくりの赤いブツブツも出まくりです。おまけに体は尋常性乾癬みたいになっているし。いやアトピー性皮膚炎に近いかな?とりあえず。皮膚を一斉攻撃されているのだけは確かです。この調子でお腹も攻撃されてクローン病も悪化しそうで怖い。昨年はどうやら05月くらいから掌蹠膿疱症がどうのこうのって騒いでいたようです。


“痒い-体記110418″の続きを読む

ビオチン投入-体記110417

test

掌蹠膿疱症、尋常性乾癬の基本セットである。ビオチン、ビタミンC、ミヤBM、ステロイド軟膏を投入です。しばらく長い闘いになりそうです。特にこのビオチン、ビタミンC、ミヤBMは基本3セットでビオチン治療においてはどれが欠けても効力が発揮されないところです。ビオチンだけ飲んでいてもだめなわけです。要はミヤBMで腸内環境を整えてビタミンCでビオチンを活性化すると言う図式なようです。腸内環境を整えると言っても新ビオフェルミンのような乳酸菌はビオチンを餌にしちゃうのでだめなようです。


“ビオチン投入-体記110417″の続きを読む