レミケード8回目-インフュージョンクリニックへ初通院100402

今日は8回目のレミケード投与日でした。田附興風会 医学研究所北野病院消化器センター部長 伊藤裕章医師が04/01にインフュージョンクリニックを開業されました。今日はそちらへの初めての通院でした。すごく綺麗なクリニックでした。暖色系の内装で待合にはIBDの書籍がたくさん置いてありまさにIBD(炎症性腸疾患患者)のためのクリニックです。今日はそのお話。

“レミケード8回目-インフュージョンクリニックへ初通院100402” の続きを読む

明日はレミケード投与日-クローン病生活100401

プレドニン減量開始9日目です。下痢は下痢なりに安定していると言うか。昨日と今日ですが夜になると気分が悪い。吐きそうと言う感じです。よってあまり体調は良くありません。なんで吐きそうなのか?はわかりません。そして明日はレミケードの投与日です。とりあえずレミケードが爆発的に効いてくれたらなんとかなるんじゃね?とかすかな期待と言うお話。

“明日はレミケード投与日-クローン病生活100401” の続きを読む

プレドニン減量中。厳しい食事制限で乗り切るぜ-クローン病 食事制限100329

夜中に下痢で何回も目覚めた。約1時間30分おきって言ったところか。幸い熱は微熱で37.4度C近辺をうろついていた。朝にステロイド(プレドニン)は朝3錠(15mg)飲むので昼前になってくると下痢も熱もマシになってきます。それにしても辛いですね。プレドニン(ステロイド)減量中!と言っても15mg/日を飲んでいるわけです。そこそこ効いて欲しい気もするのですがすごくクローン病の病勢が勝っているようです。変にこじらす前にドカーンとプレドニン(ステロイド)を25mg/日に戻すと言う手もあるのですが、それをするとまたイチから減量を始めなくてはなりません。だから厳しい食事制限で乗り切ろうと考えています。本来クローン病患者は食事制限は得意中の得意じゃないか。クローン病患者として20年近く来る日も来る日も食事制限で乗り切ってきたじゃないか!と自分に言い聞かせてみる。

“プレドニン減量中。厳しい食事制限で乗り切るぜ-クローン病 食事制限100329” の続きを読む

プレドニン減量中にまさかの絶不調-クローン病 プレドニン 半減期100328


03月24日からステロイド(プレドニン)が25mg/日から15mg/日に減量になって今日で5日目。下痢はもちろんのこと、とうとう昨日は38度を超える発熱。右下腹部もガンガン張っているとかなり厳しい状況なお話。
なんで?ステロイド(プレドニン)が思いのほか効いてかなり喜んでいたのにこの仕打ちとは。
ステロイド(プレドニン)まで使ってクローン病の病勢が抑えられないとなると事態は深刻だな。後は何をしろと言うのだ?入院か?手術か?もう切れるカードが残り少ないぞ。

“プレドニン減量中にまさかの絶不調-クローン病 プレドニン 半減期100328” の続きを読む

プレドニン減量開始そして結婚式へ出席した。クローン病の日常100324

これは21日に結婚式に行った写真。やっぱ結婚式はいいね。

今日からステロイド(プレドニン)が25mg/日から15mg/日に減量になった。大量ではないもののまだ少し便に血が付いています。便をする都度に腸管が刺激されて出血するのでしょうか?同じ炎症性腸疾患でも潰瘍性大腸炎と違ってクローン病はあまり下血をすることは少ないです。しかし私の場合は少し状況が違うようです。

“プレドニン減量開始そして結婚式へ出席した。クローン病の日常100324” の続きを読む

少し血が出ましたが大豆三昧(納豆、豆腐、味噌汁)-クローン病食事100322

口唇ヘルペスはなんとなく沈静化、あまり気にならなくなって来た。とりあえずよかった。でもどうも腸の調子があまりよくなく便に少し血が混ざっています。プレドニン(ステロイド)25mg/日継続中なのに少し困った感じなお話です。

“少し血が出ましたが大豆三昧(納豆、豆腐、味噌汁)-クローン病食事100322” の続きを読む

口唇ヘルペス-プレドニンとレミケードの副作用かな?




いきなり、汚い唇をさらしてすみません。唇の異常を感じ、あれよあれよと言っている間に口唇ヘルペスですね。クローン病の合併症?いやいやこれはプレドニンやレミケードの副作用ですね。クローン病の合併症でよくでるのが口角炎ですが、今回は口角炎ではなさそうです。明らかにプレドニン(ステロイド)やレミケードの影響でしょうね。まいりましたね。
“口唇ヘルペス-プレドニンとレミケードの副作用かな?” の続きを読む

通院日でした。クローン病悪化か!?白血球18000-マジ100317

03月03日あたりから思いっきり体調を崩し、03月10日に病院へ行って、プレドニン(ステロイド)25mg/日で開始してから1週間目の通院でした。血液検査の結果ですがCRPは0.10近辺と炎症の数値は落ち着いていました。でも何故か白血球が18000でした。様子見てプレドニンを減量して行こうと言うお話。

“通院日でした。クローン病悪化か!?白血球18000-マジ100317” の続きを読む

プレドニン(ステロイド)投入5日目クローン病は落ち着きの方向へ-クローン病再燃祭り100313

03月10日から始まったプレドニン25mg/日ですが、なんとか回復してきています。下痢は下痢なのですがトイレも1日3回あたりまでなりました。レミケード投与からたった15日目でクローン病の病勢が激しく再燃、とうとうレミケード二次無効か?と入院覚悟で病院へ行きました。血液検査や診察結果はやはり風邪とかではなく明らかにクローン病の再燃という見立てでした。
入院か。と思ったのですがプレドニン(ステロイド)でコントロールしましょう!ということになりました。
プレドニン(ステロイド)を開始して5日程経ちましたが体重も49gまで戻りました。

“プレドニン(ステロイド)投入5日目クローン病は落ち着きの方向へ-クローン病再燃祭り100313” の続きを読む

ステロイドパワーでクローン病再燃は落ち着くか?-クローン病再燃祭り100313

プレドニン開始3日目、体調はしっかり安定して来ています。継続して下痢便ではあるものの、夜中に1回下痢ったのと、朝方に1回下痢った。日中は5回程度、下痢便ではあるもののなんとなく固まろういう感じが見える状況。腹痛も殆どなし、熱も出ずですかなり元気になって来た。やはりプレドニン(ステロイド)の効き目は顕著であり即効性がありますね。
プレドニン(ステロイド)に副作用が出なくてさらにクローン病緩解維持が出来れば言うことがないのですがそうはいかないようです。

“ステロイドパワーでクローン病再燃は落ち着くか?-クローン病再燃祭り100313” の続きを読む

プレドニン開始-入院覚悟で病院へ行ったけど。-クローン病再燃祭り100312

03月04日から体調を崩しだして、日を追うごとにに厳しくなってきました。そしてとうとう昨日ダウン。熱も39度。さすがに39度は厳しい。また下痢も激しく脱水状態に近い。エレンタールを摂取するのもままならず、入院覚悟で北野病院主治医のもとへ。

血液検査の結果 CRPは7、白血球9600と言うことで、
感染症等ではなく明らかにクローン病からの熱、下痢であろうとなった。クローン病再燃祭り2010がいきなり開催されたわけです。

“プレドニン開始-入院覚悟で病院へ行ったけど。-クローン病再燃祭り100312” の続きを読む

潰瘍性大腸炎と確定診断される

大腸の検査の結果

潰瘍性大腸炎」と診断される。

1.直腸からS状結腸あたりまでの連続した病変
2.陰窩膿瘍の検出
3.直腸の潰瘍からの出血

これらを判断して、病理検査で陰窩膿瘍が検出されましたので病理的には潰瘍性大腸炎の診断となります。クローン病では非乾酪性肉芽腫が病理検査で鑑別できるのですが、非乾酪性肉芽腫が鑑別されませんでしたので潰瘍性大腸炎となります。特定疾患に指定されていて現代医学では完治はありません。

直腸・S状結腸型

現在の状況は直腸・S状結腸型の潰瘍性大腸炎です。このまま上部へ進行しなければ積極的な治療はせず、サラゾピリンや食事制限で様子を見ましょう。それでも進行するのであればステロイド等の治療が必要になってくる。とのこと。


“潰瘍性大腸炎と確定診断される” の続きを読む