ベトナムでキノコを食べた-クローン病ベトナム出張記150318

ハノイ市内
ベトナムはハノイ市のノイバイ国際空港を出た。暑い!幸い現地法人の人がお迎えに来てくれるので助かる。やはり現地法人のある国に行くは便利です。どこに行ってもホテルのて手配から送迎、通訳を用意してくれるのでこの時ばかりは会社でそこそこのポジションになって良かったと思います。


ハノイ市内
これは宿泊している朝のホテル付近の町並みです。朝からなかなかの気温ですね。もちろん冷房がなくては眠れない蒸し暑さです。


“ベトナムでキノコを食べた-クローン病ベトナム出張記150318” の続きを読む

ベトナムはハノイへ行く(出国編)-クローン病 海外出張20150318

ベトナム18日出国,22日帰国でベトナムはハノイへ行って来ました。なんかお腹の調子はイマイチのまま18日10時30分フライトの関空発のハノイ行きの便に乗りました。今年の第一発目の海外出張はベトナムはハノイです。さてクローン病人の苦手とする海外出張!さてどう乗り切るか!?


関西国際空港いつもの関西国際空港。トイレ事情等も加味して3時間前には空港に入るようにしている。早朝の空港の雰囲気も大好きです。ラウンジでゆっくりするのですが、どうせ機内食が出るだろうからここでは何も食べずにゆっくり過ごしています。ちょっと下腹に不快感を感じます。少し不安なクローン病体調です。おまけに花粉が辛い。


“ベトナムはハノイへ行く(出国編)-クローン病 海外出張20150318” の続きを読む

レミケード直後がイマイチなのとベトナムへ行きます-150315

昼食


どうもレミケードを投与した直後は調子がイマイチだ。そんな中で訪問に来たお客様と昼食お弁当を食べるハメになりました。もちろんお腹はあまり痛くはないですがどうも詰まりそうな感が強い。


鶏パーティその夜は食事会も行こうとなり、何故か鶏パーティーである。鶏の唐揚げオンパレードである。お客様であればいつもは木曽路とかに行ってしゃぶしゃぶとかなのですが、何故か濃い目のものが食べたい!となりこんな結果になって来ました。出来るだけ食べないように頑張ってはいましたが、家に帰って来てから少しお腹が痛くなって来た。やはり昼と夜のダブルパンチは辛い。


“レミケード直後がイマイチなのとベトナムへ行きます-150315” の続きを読む

レミケード42回目、倍量投与23回目-インフュージョンクリニック150303

大阪駅03月03日は診察とレミケードへ行って来ました。そこそこ調子はイマイチな感じでしたがCRPは0.2と炎症所見はありませんでした。この2ヶ月間は調子を崩した期間はありましたが詰まった!痛い!で寝こむことはありませんでした。
ただ前回の数値を見てみるとまたもや肝臓系の数値が少し高かった。一体なんだろうね?
また新たな課題ですね。肝臓。。困った。

心理カウンセリング

オーラソーマインフュージョンクリニックではオプショナルケアとして心理カウンセリングもあります。もちろんこれは自費なので健康保険等は効きません。自律神経失調症の件とはあまり関係はありませんが、ふと自分の深層心理を知りたくて受けてみました。姿や顔は鏡を見れば解りますが、心は人に映さない限り知ることが出来ません。今回は心理カウンセラー(日本心理学会会員)・カラーセラピスト  森本 愛先生に私の心の鏡になって頂きました。約60分の会話でしたが色々と解りました。日常生活で自分が演じている姿と本来はこうありたい自分の乖離もよく見えました。なかなかおもしろい試みでした。今から半年くらい自分の行動指針を見つめなおし再度、カウンセリングを受けて見たいと思います。


“レミケード42回目、倍量投与23回目-インフュージョンクリニック150303” の続きを読む

ほとんど絶食で東京へ出張-クローン病 絶食出張150302

新大阪駅02月23日のお話です。なんか前回レミケードをしてから6週後あたりからクローン病の調子がイマイチでした。お決まりの出張前だと言うのに困ったものです。微妙に下痢だわ。お腹も痛いし。微熱だし。とりあえず出張もあることなのでステロイドレスキューです。プレドニンを2錠10mg飲みました。もちろんプレドニンを飲んだと同時に食事制限をします。その食事制限のなか東京方面へ出張です。これは厳しい。

鴨そば

鴨そば


あまりに食事制限で新幹線を降りたらフラフラです。でも厳しい食事制限の成果が出て下痢も微熱も腹痛もなくなりステロイドは3日間30mgで終了離脱!。とりあえず鴨そばでも食べよう。


“ほとんど絶食で東京へ出張-クローン病 絶食出張150302” の続きを読む

バレンタインデーの恐怖-クローン病 チョコレート150301

いまさらバレンタインデーの投稿かよ!もう03月になるぜ!って言われそうですが、まぁ色々とバタバタしていましてブログへ投稿どころではなかったということですが。



バレンタインデー
クローン病患者にとって頂いて嬉しい半面、少し複雑なのがバレンタインデーのチョコレートですね。そこそこ頂いたのですが、今日現在、ほとんど食べれていません。家族に食べてもらってもよろしいのですが、折角頂いたものなので私が是非とも完食したいということで03月03日のレミケード後に食べようと目論んでいます。レミケード直後はいつも調子がよろしくないのでレミケードして少し経ってからかな?ホワイトデーあたりに食べることになるのかな?

クローン病とチョコレート

そもそもチョコレートはクローン病患者には良くないと言われています。脂肪分が多く含まれているからでしょう。カカオ豆の半分はカカオバターとされていて、つまり半分ほどが脂肪でできているのです。カカオバターに含まれる成分はオレイン酸ステアリン酸パルミチン酸です。どれもクローン病にマシとされるω3系統の脂肪酸でないからでしょう。確かステアリン酸はω9系統だったかな?。どちらにせよω6系統の脂肪酸は、紅花油やひまわり油、コーン油、アーモンド油、ごま油、アボガド油、ピーナッツ油などに含まれていてクローン病にはイマイチと言われています。


“バレンタインデーの恐怖-クローン病 チョコレート150301” の続きを読む