動悸・息切れ・めまいで病院へ!-救心140116

動悸!息切れ!めまい!と騒いでいましたが、とりあえず心臓は怖いので病院へ行って来ました。

突然に狭心症!とか心筋梗塞!でぶっ倒れたらイチコロなので病院へ行くことにした。

病院と言ってもいきなり大病院へ行ってもアレなので近所の医院へ行って来た。

胸が激しく痛いとかそんなんじゃなくてどうも息切れのようなめまいのようななんとも言えない不快感で苦しんでいます。
う~ん。苦しんでいると言うのは大袈裟かも知れないな。なんせ心肺まわりがおかしいです。
とりあえず心電図!ってことで測ったのですが不整脈や狭心症等の所見は見つからず。

とりあえず、今出ていないだけなのかも知れないのでおかしくなったらその時に来れますか?となった。
いや先生!今おかしいんです!で先生が脈を測る。首をかしげる。
指先から酸素濃度を測る。異常ない。うーんまいった。



“動悸・息切れ・めまいで病院へ!-救心140116″の続きを読む

動悸・息切れ・めまい-体調記録140113

最近、動悸・息切れ・めまいのような症状を感じます。
時々、息苦しいというか酸素が足りないと言うか。

クローン病とは全然違う部分で何かが起こっているのかも知れませんね。

クローン病の事ばかりに目を取られちゃうので他の病気のことがおろそかになっているのでしょう。
ちょっと時間が出来たら本格的に循環器系の病院へ行こうと思っています。



“動悸・息切れ・めまい-体調記録140113″の続きを読む

iPSでハゲが治る可能性-ハゲでもいいからクローン病治って欲しい130125

最近はiPSの話題が巷で多いですが、今日はクローン病には関係のない話題ですが、年々頭がが薄くなってくる私には頭頂の光いや希望の光です。

慶応義塾大学でヒトのiPS細胞を使い、毛を作り出す「毛包」と呼ぶ組織の一部を再生することにマウスの実験で成功した。毛包から毛が生えたことも確認。正常な毛包は何度でも毛を作るため脱毛症の治療の役立つほか。発毛剤の開発に利用できる可能性がある。

日経新聞

記事内でが脱毛症は外傷になどによる毛包の損傷が原因とされる。進行した脱毛症を治すには自分の方法を採取して植え直すなどの手法があるが、毛包の数が限られ限界があった。
とあった。
“iPSでハゲが治る可能性-ハゲでもいいからクローン病治って欲しい130125″の続きを読む

「断食」はがんを弱体化させる、米マウス研究

「断食」と言う言葉が琴線に触れた。

AFPBB Newsより
「断食」はがんを弱体化させる、米マウス研究
2012年02月09日 15:49 発信地:ワシントンD.C./米国

絶食と化学療法を組み合わせた場合は、化学療法だけの場合よりも生存率が高く、腫瘍の成長が遅く、さらに(または)腫瘍の転移の程度が低かった。

そうか。絶食は癌に勝てるんだ!クローン病患者ある俺は絶食は得意だぞ。癌になっても助かる確率が少し高くなるか?



“「断食」はがんを弱体化させる、米マウス研究”の続きを読む

希少疾患薬ではレミケードは売上高ダントツなんだ。

週間ダイヤモンドで見たのですが。
2010年の世界で売り上げ高(希少疾患薬のランク)
レミケードが6445億円、エンブレルが5991億円、リッキサンが5817億円、ヒュミラが5762億円です。クローン病おなじみのレミケードとヒュミラで総計1兆を超えます。日本ではレミケード604億円、グリベックが430億円、プログラフが396億円、ペンタサが194億円です。何が言いたいかと申しますと、世界の製薬会社が希少疾患に本腰を入れだした!と言うことです。


“希少疾患薬ではレミケードは売上高ダントツなんだ。”の続きを読む

老眼-110620

近くのものが見えない。と言うか見えるのだけと非常に疲れる。あまりに細かいと黒い丸にしか見えないぜ!ってことで昨日に眼鏡屋さんへ行った。新聞紙渡されて見える距離を測ると、「たぶん老眼ですね、眼科に行くとはっきりわかりますよ」って。ってことで眼科も面倒なので老眼ってことにしておこう。


“老眼-110620″の続きを読む

腸が怒っているー体記101206

土曜日に淡路島で色々食べたダメージがあります。今日はお布団の中からのお届けです。腸が怒っていますね。今日はラコールで過ごしているので腸の怒りも鎮まりかけています。痛かったらブログどころじゃないですからね。ほんとクローン病は不便だぜ。でも最近は容量オーバー率が高いな。クローン病の狭窄がさらに進んだのか?
“腸が怒っているー体記101206″の続きを読む

膀胱炎は一旦終了-体記101130

膀胱炎シリーズは一旦終了。完治したわけではない。まだなんだかかムズムズしている。また具合が悪くなってきたら始めます。膀胱炎落ち着きを見せたけど、クローン病はイマイチな感じです。なんかお腹が痛いと言うか。そう言えばレミケード、イムランを開始してからペンタサって飲まなくなったな。今はペンタサ500mgってのあるらしいけど。私はやはりこだわりの250mgだな。と言うことでペンタサ250Tシャツを1名様にプレゼント(嘘です)。これで街を歩けばクローンなあのコも潰瘍性大腸炎なアイツも声をかけてくるぜ!


“膀胱炎は一旦終了-体記101130″の続きを読む

膀胱炎7日目治療6日目-通院101129

今日も病院で抗生剤の点滴。痛さはなくなり尿道のムズムズ感は残っています。一応、点滴治療は今日で終わりました。後は残された4錠2日分のクラビットを飲みきるだけです。医師いわく普通は2日間か3日間程度の点滴で症状はなくなってくるようです。やはりイムランで免疫を落としている体は一筋縄ではいかないようですね。


“膀胱炎7日目治療6日目-通院101129″の続きを読む

膀胱炎6日目治療5日目-体記101128

今日は日曜日なので病院はナシ!クラビットと言う抗生物質を500mg飲んでいます。なんと!今朝は明け方あまり痛くなかった!!やった!快方に向かっている。そろそろ膀胱炎シリーズの日記にピリオドを打てるか?。でも体調が悪い。なんでだろ?体が風邪をひいたようにしんどいのです。


“膀胱炎6日目治療5日目-体記101128″の続きを読む

膀胱炎5日目治療4日目-通院101127

今日もまた抗生剤の点滴を打ちに病院へ行った。でお昼過ぎからお腹(大腸)の調子が急におかしくなってきた。粘血状の便です。と同時に膀胱炎、尿道炎の症状が楽になった。そうです!連日の抗生物質治療は膀胱炎、尿道炎の悪い細菌達を一網打尽にしてくれていますが、必要な大腸の菌等も同時に一網打尽にしてくれています。予想はしていましたがまさかこんなに早くに。。。


“膀胱炎5日目治療4日目-通院101127″の続きを読む